発育不良でとても小柄な子猫。自分でご飯を食べようとせず弱々しかったものの…感染症の治療を終えると、変化が現れた!

地域猫保護のボランティアをしているニッキさんたちが、ラスベガス近郊にて避妊・去勢手術を施していたときのこと。

ヤシの枝の下で丸くなっていた、極小サイズの子猫を発見します。

 
辺りに母親らしき猫の姿は見当たらなかったため、自宅に連れて帰ることに決め…

 
数年前に里子として預かった三毛猫にちなんで、エリカ・ジュニア(イージェイ)と名づけました。

ご飯を拒む子猫

イージェイは明らかに発育不良で、弱々しい子でした。

食べる意志がまったくなかったため、体重も増えません。

仕方なく経管栄養法を使って栄養を摂らせ、保育器に入れました。

 
哺乳瓶からミルクを飲めない子猫を育てるのは、たやすいことではありません。

 
それでも数週間が経過すると…

里親ママの懸命なケアのおかげで、彼女はほんの少しだけ大きくなりました。

 
とはいえ、自らご飯を食べることはもちろん、食べ物を飲み込もうとすることさえもやっとといった様子。

心配したニッキさんが、彼女を動物病院に連れていった結果…

血液検査を通じて、バクテリアによる感染症にかかっていることが判明しました。

抗生物質を投与すると、その日のうちに食欲が出てきたんです。

 
生後5週間になると、食欲も旺盛になり、おもちゃで遊ぶようになりました。

 
自分でご飯を食べるようになったイージェイを見たニッキさんは、どれほど嬉しかったことでしょう。

関連:幼い妹を病気で亡くした子猫のお兄ちゃん。打ちひしがれた心を癒したのは…新しくやってきた一回り大きな子猫だった!

ようやく元気になって

ニッキさんは語ります。

里親の仕事はとても地道で、舞台裏の仕事みたい。

でも、子猫が元気になって…

幸せになってくれることがなによりのご褒美なんです。

 
どんどん体重も増え、すっかり元気を取り戻したイージェイは…

ネブラスカ州に住むとある家族のもとに引き取られました。

 
優しい家族に囲まれて、幸せに暮らしていってくれることを願います。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ