人間を警戒して、なかなか心を開こうとしない子猫。それでも毎日ご飯を用意して接し続けると、少しずつ距離が縮まって…

野良猫の去勢・避妊処置を行う活動を行っていたウィルさんは、路上をさ迷っていた1匹の子猫と出会いました。

ジョルジオと名付けられたその子猫は、野生の本能が強くなかなか人間に心を開いてくれません。

 
彼にも去勢手術を施すために、ウィルさんは捕獲用のトラップを仕掛けます。

生後数ヶ月ほどの子猫で、友好的なサインはまったく見られませんでした。

そこで、もうしばらく様子を見てみるため、再び野良に返したんです。

心を開くまで

それから数週間、ウィルさんはジョルジオを監察しつつご飯を与えていました。

すると…徐々にではあるものの、警戒心も解けていきます。

彼は、少しずつ私に好意的になっていきました。

というよりも、毎日のおいしいご飯を楽しみにしていたようです(笑)

身体をぽんぽんと触らせてくれることも何度かありました。

 
ようやく人に慣れてきた彼のため、ウィルさんは里親探しを開始しました。

自分の居場所を見つけてくれればと思ったんです。

里親のもとで、飼い猫としての暮らしを試してみたらいいのではと。

 
まもなくして、数前年に飼い猫を病気で亡くしたという家族から、彼を引き取りたいとの申し出が。

 
それを承諾してから、およそ3週間後…

ウィルさんのもとに、続けて嬉しい知らせが届きます。

 
件の家族が、なんと「彼をそのまま飼い猫として育てたい」と言ってきたのです。

里親として数週間預かるだけのつもりが、そのまま飼い主になってしまう。

「Foster Fail(里親の失敗)」なんて呼ぶ場合もありますが…

私は、素晴らしいことだと思うんです。

関連:保護されたものの、独りになるのを極端に嫌がる子猫。もしかして、はぐれた兄弟を恋しがっているのではと、探してみたところ…!

すっかり馴染んだ

飼い主の膝の上でお昼寝したり、羽根のおもちゃを追いかけまわしたり…

すっかり飼い猫としての暮らしを満喫しているジョルジオ。

もし子猫との生活を考えているなら、まずは里親になることを検討してみてください。

助けを求めている猫を救うことが出来る上に、自分と合うかどうかを確かめることも可能なんです。

 
愛想のない彼の警戒心を解いて、最高の居場所を見つけてあげたウィルさん。

その献身的な保護活動に、大きな拍手を送ります。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ