車の下に隠れていた子猫は、キャットフードにつられて出てくると…やがて人間の優しさを知り、野良猫暮らしを卒業した!

ニューヨーク・ブルックリン出身のアリアナさんが、買い物から帰ってきたときのこと。

ふと車の下を見ると、茶色い子猫がいることに気がつきます。

 
彼をおびき出すため、ご飯を与えてみたものの…

それがドライフードだとわかると、がっかりした様子であまり興味を持ってくれません。

 
そこでウェットフードを与えてみたところ…

驚きましたよ、子猫はすぐにご飯に飛びつきました。

あまりにもすごい勢いで食べはじめたので、頭にご飯がついてしまったんです。

 
食べ終わると、アリアナさんにお礼を言いにきたのだとか。

子猫がすり寄ってきたので、抱え上げて膝の上に乗せました。

すると、鳴き声は喉を鳴らす音に変わり、顔をなめてくれたんですよ。

 
心優しい人であることがわかったのでしょう。

次の日も、子猫はアリアナさんにご飯をねだりにきました。

保護団体の助けを借りて

なんとか彼を助けてあげたいと思った彼女は、地元の動物レスキュー団体「Flatbush Cat」に連絡します。

 
創設者のウィルさんはただちに里親探しを開始。

 
適切な医療ケアを受けられるよう、すべての手はずを整え…

 
数日後、保護された子猫はレッドと名づけられ、里親ファミリーのもとへおくられました!

関連:自宅によく来る仲良しの野良猫。ある日、その横に「2つの小さい影」が見えて…

未来が変わった

里親ママのもとで、すっかり甘えん坊になった彼は、膝の上がお気に入り。

 
数週間以内には、「生涯のお家探し」をはじめることもできるそうです。

 
親切な人に発見され、救助してもらったレッド。

その未来は、明るく輝いています!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ