88歳のお婆ちゃんが描く独特なタッチの絵。その『制作方法』に驚愕!

スペインに住む88歳のザエラさんの特技は、絵を描くこと。

 
独特のタッチが目を引く素敵な作品ばかりですが、実はなんと、これらすべて…

マイクロソフトの「ペイント」を使って制作されているのです!

関連:【エモい】 全国回文大会における、『第1回の最優秀作品』がスゴすぎた…!!

神業

病気がちのご主人の看病をするため、頻繁に出歩くこともままならなかったザエラさん。

せめてもの趣味にと、初めは油絵を始めたそうですが…あまりにも臭いがきついため、続けることができませんでした。

 
そんな様子を見かねた孫娘たちが、おばあちゃんを喜ばせたいとパソコンをプレゼント。

以来、彼女はこの創作活動に熱中し、みるみるスキルを身に着けていったといいます。

 

まずは1軒の家から、次の日には山を、また次の日にはもっと細かいところを…。

 
かつてご主人が送ってくれたポストカードや大好きな絵を参考に、ザエラさんは細部にまでこだわったグラフィックを、何日もかけて仕上げていくそうです。

 
その後、孫娘に言われるがままInstagramへ作品を投稿すると、たちまち称賛の声が寄せられ、10万人を超えるフォロワーが集まりました!

 
ただ、当の本人は…

どうして私の描いた絵がそんなに注目を浴びるのか、よく分からないの。

いたってシンプルなものなんだけど…。

 
至って謙虚な意見ですが、きっと「ペイント」そのものの製作者の方が見ても、驚くに違いありません(*´艸`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ