『コーチが変わって…』 バスケの練習を頑張る娘の言葉にハッとした

SportsForChildren(SFC) (@sportsforchild1)さんは先日、バスケットボールを頑張る娘さんから、こんな言葉を聞かされたそう



 
仰るとおり…!

「怒らない」ために

勝つこと、極めることを重んじるあまり…

「そのスポーツが好き」という気持ちまで奪うような指導を、絶対に許してはいけません。

 
なぜ怒鳴らなければならないのか、怒鳴らない伝え方はないか。

誰かを教育する立場にある人には、その点を十分に考えてほしいですね。

関連:ゴール目前で倒れるランナー。その姿を見て、隣で走る17歳の選手が…

みんなの反応

●娘が小5の時、子供の目線に立って指導してくれるコーチに変わった途端チームの雰囲気が凄く良くなり、強いチームに変わりました

●もしこの監督が褒めてもいたなら、全然違っていたんでしょうね。怒鳴ることより、褒めていなかったことが本質のような気がしました

●精神的に追い込めば同じミスを繰り返すように暗示がかかるだけ、とJR福知山線の大事故が教えてくれたのに

●叱咤激励と暴言罵声を履き違えてる指導者の方多いと思います。鉄拳制裁と言う名の暴力は絶対に必要ありません

 
深く考えさせられる一幕に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ