兄弟をなくして天涯孤独になった子猫。先輩犬に出会って元気を取り戻したのはいいけれど…自分のことを子犬だと思ってるみたい!

ある日、西オーストラリアにある動物保護団体「Cat Haven WA」でボランティアをしているクリスティンさんは、保護された2匹の子猫の里親になりました。

彼らはガリガリに痩せており、明らかに発育不良の状態です。

 
少し体の大きいほうをチアラ、小さいほうをトミーと名づけて、手厚く看護しましたが…

残念なことに、トミーは息を引き取ってしまいました。

新しい家族

兄弟を失ってからというもの、寂しさのあまりずっと鳴き続けていたというチアラ。

そんな様子を心配したクリスティンさんは、ある策を思い付きます。

生き残った子猫をうちの飼い犬に紹介しました。

そうすれば、少しは気を紛らわすことができるんじゃないかと思ったんです。

 
先輩犬に引き合わせてもらったチアラは、嬉しくて大はしゃぎ!

 
ポメラニアンのグッチのほうも彼女を気に入ったようで、すぐに毛づくろいをはじめ…

2匹は、あっという間に仲良くなりました。

 
遊ぶのも、お昼寝をするのも、なにをするのも一緒。

子猫は先輩犬の後ろをついて歩き、ベッタリくっついて離れません。

グッチはまるで自分の子どものように彼女のお世話をし、よく可愛がりました。

 
そうして溢れんばかりの愛情を注がれた結果…

子猫の体重はどんどん増えて、日ごとに愛らしさを増していきます。

 
やがて、あまりにも仲良くなりすぎたからでしょうか…(*´艸`*)

ある時、チアラが犬のように吠えたんです。

そのときは本当に驚きましたよ。

グッチと過ごすうちに、自分のことを子犬だと勘違いしてしまったみたい(笑)

関連:保護されたのは「子犬と子猫」のコンビ。深い絆で結ばれた彼らが迎える結末は…

犬を目指す子猫

どんどん犬っぽく成長しているというチアラ。

本当に先輩が大好きなんですね(*´∀`*)

 
ひとりぼっちになってしまった子猫は、適切なケアと惜しみない愛情のおかげで、元気を取り戻すことができました。

この先もずっと、幸せに暮らすことができるよう心から祈っています。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ