発育不全により病弱に育ってしまった子猫。似た境遇の先輩猫を紹介されると…あっという間に打ち解けて、奇跡的な成長を遂げた!

バージニア州リッチモンドの動物保護シェルター「Henrico Humane Society」に保護されたとある猫の家族。

スタッフたちは、1匹の子猫の様子がおかしいことに気がつきます。

 
プキニと名づけられた彼女は発育不全で、ほかの兄弟たちに比べると体が小さく…

目は感染症にかかっており、足には先天性の異常を抱えていました。

プキニは兄弟たちからのけ者にされて、母乳にありつくことができなかったので…

自分でご飯が食べられるようになるまで、哺乳瓶でミルクを与える必要があったんです。

同じ境遇の先輩猫との出会い

母猫や兄弟たちの健康が順調に回復していくなか、彼女の容態だけは一向に安定しません。

看護していたスタッフでさえ、彼女が生き延びるという確信を持てなかったのだとか。

 
そんななか…

里親ファミリーが、先輩猫のペニーをプキニと引き合わせました。

じつはペニーも生後16ヵ月のときに咽頭麻痺を発症し…

正常に呼吸できるようにするため、咽頭形成手術を受けたんです。

 
似た者同士だからでしょうか。

出会った瞬間にふたりは意気投合し、ペニーがかいがいしくお世話を焼きはじめます。

 
やがてプキ二の身体に脊髄の奇形と視力の問題が見つかり、適切な治療法を探している間もずっと…

ペニーはそばで励まし続けたそう。

 
そんな優しいお姉ちゃんの存在のおかげで、彼女の健康状態は快方に向かっていきました。

関連:自宅の裏にふらりと現れた人懐っこい猫。1匹だけだと思い、招き入れてみると…

奇跡が起きた

そして現在、元気に遊べるほどに回復したプキニは…

毛布の山の上で丸くなったり、部屋の中を走り回ったり、おもちゃを追いかけたりと、忙しい毎日を過ごしています。

 
自らの強い意志と先輩猫の励ましによって一命を取りとめた子猫。

これからもすくすくと大きくなり、愛にあふれた生活を送っていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ