車のエンジンルームから脱出できなくなってしまった子猫。片耳を焼かれるも、鳴き声に気付いた女性がやってきて…

アメリカ・テキサス州在住のメアリーさんは、駐車場で子猫の鳴き声を耳にします。

どうやら駐車されている車の下部から聞こえているようで…

身を屈めて覗き込むと、そこには1匹の子猫の姿がありました。

彼は、車のエンジンルームに入り込んで出られなくなってしまったようでした。

タイヤの後ろのワイヤーやロッドに、後ろ脚が挟まってしまっていたんです。

エンジンの発熱のせいで、耳や鼻、肉球が焼けてしまっていました。

救助と治療

メアリーさんは、すぐに子猫を解放してあげると…

ジャケットの内側にくるんで、安心させようと努めます。

子猫は、私が彼を助けようとしていると気づいてくれたみたい。

すぐに鳴き止んで、落ち着きを取り戻してくれました。

 
ケストと名付けられた子猫は、ひどく痩せ細っていました。

深刻な栄養不足と脱水症状を引き起こしており、自力で立つことも出来ないほどに衰弱していたのです。

 
そんな彼のために、徹夜で看病をしてあげたメアリーさん。

こまめに水分補給をして、体調を見ながら快適な環境を保ち…

おかげで彼は翌朝には元気を取り戻し、ご飯を食べられるようになったのだとか。

 

ケストは、私のことを信頼してくれているみたいでした。

私もすっかり彼のことが好きになっていて、きっとうちの子になるだろうなと感じたのです。

 
残念ながら、火傷の状態がひどかった耳は切除する必要がありましたが…

他の箇所は無事に治癒して、元の状態に戻りました。

元気を取り戻したケストは、メアリーさんの飼っていた猫のイーストや、犬のリオとも仲良しになったのだとか。

 
孤独な野良生活よりも、今の暮らしを気に入ったようです!

関連:大ケガを負い、3本足となった猫。その結果…彼女に予期せぬ「良い変化」が起きた

安心に包まれて

やがて生後5ヶ月になると、ケストの身体は成猫に近いくらい大きくなり、里子の子猫の面倒を見てくれるほど精神的にも成熟してきました。

とはいえ…

やっぱり大好きなママの前では、甘えん坊に戻ってしまうみたいですね(笑)

 
メアリーさんに見つけてもらったことで、運命が180度変わったケスト。

これからも安心と愛情に包まれて、幸せに暮らしていってくれることを願います。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ