寒空の下、ゴミ山で古いマットをベッドにしていた子猫。はじめは唸っていたけれど、お腹がいっぱいになると…!

気温7℃の肌寒い日のこと。

米ニュージャージ州にて、とある女性がゴミ山の上で丸くなっている子猫を見つけました。

 
古いマットで暖を取っているようですが…

親猫からはぐれた小さな子猫が、この気温のなかで生きていけるはずがありません。

女性がFacebookで助けを求めると、近くに住むアティナさんがすぐに保護を引き受けてくれました。

甘えん坊の子猫

さっそく受け入れの準備を始めたアティナさん。

彼がどんな状態がわからなかったため、ミルクやペースト状の栄養補給食など、必要になりそうなもの全てを揃えました。

 
万全の態勢で子猫を迎えた彼女は…

到着したその姿を見て、ほっと胸をなでおろしたそう。

意識ははっきりしており、一人前に唸り声も上げていました。

 
バートと名付けられた彼は、やがてご飯をペロリと平らげ、お腹いっぱいになると…

喉を鳴らし、寝転がってお腹を撫でて欲しいと甘え始めます。

 
お風呂に入れて、オイルまみれだった身体も綺麗にしてあげました。

 
その後、ノミやダニ、そして寄生虫の駆除も終わったころには…

すっかり元気を取り戻していたのだとか(*´∀`*)

関連:ボロボロだった子猫が、その瞳を開いたら…素敵な「ビフォーアフター」に悶絶!

ふかふかのベッドで…

今では飼い猫としての生活を楽しんでいる様子。

 
ゴミ山で眠っていた子猫は、アティナさんの横で幸せな生活を送っています。

 
きっと今日も、ふかふかのベッドで丸くなっていることでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ