特別なケアが必要な子猫。世話に尽力したのは、1人の女性と「代理パパ」だった

ある日、アメリカ・バージニア州の猫専門病院NOVA Cat Clinicの看護師・エレンさんは2匹の子猫を引き取りました。

保護団体の施設で生まれた彼らはとても容体が悪く、特別なケアが必要です。

 
まだ生後24時間足らずで、ただでさえ目が離せない子猫たち。

 
そんな彼らを世話するにあたって…

エレンさんには、「心強い助っ人」がいました。

頼もしいパパ

それは、今まで何匹もの子猫を育て上げた経験のある頼もしい代理パパ・ベニー。

 
チューブで授乳するところを見守ったり、毛づくろいをしたり…

 
献身的に看護を続けます。

 
その後、残念なことに1匹は容体が悪化して命を落としてしまいましたが…

もう1匹は何とか一命を取り留めることができました。

 
ジュビリーと名付けられた子猫に、ベニーはますます愛情を注ぎます。

保育器に入っている時はずっと見守って、仕事に連れて行った時には帰りを窓辺で待っていてくれて…

いつでもキスをする準備万端なんです!

 
生後5日目になると耳や尻尾の色が変わり始め、まるで「小さなシロクマ」みたいな姿に変身したジュビリー。

 
そんな彼女の側に、パパはいつでもくっつき…

 
ミルクをあげている最中ですら、常に子守を交代できるようスタンバイしてくれていたといいます。

関連:出産を繰り返す1匹のノラ猫。なかなか保護できず心配していたら、ある日…!

大きくなっても…

ジュビリーが育つに連れ、やがてベニーの接し方も変わリはじめました。

すぐに「猫のあり方」を教えてくれるようになるでしょう。

 
まるで本物の親子のように強い絆で結ばれた2匹。

 
立派に育ったジュビリーのことを、パパも誇らしく思っているに違いありません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ