【子猫】お腹を空かせて鳴き続けていた子猫。危険なエリアに独りぼっちで佇んでいた彼女に、ついに救いの手が差し伸べられた!

ブルガリアで、野良猫たちの保護活動を行っているデイシーさんは…

ある日、屋外に設置されたゴミ箱の近くで1匹の子猫を見つけます。

 
独りぼっちの彼女は、お腹を空かせているらしく、声を張り上げて鳴き続けていました。

放って置けずに

付近には野良犬がたくさんいるほか、車の往来もあるため危険です。

このまま放って置くことはできないと考え、デイシーさんは彼女を助けることに。

 
とはいえ、怯えている子猫を捕まえるのは、容易いことではありません。

そこで一旦自宅に戻り、キャットフードとペットキャリーを持ってきて…

ご飯に夢中になっている隙をつき、子猫を保護する作戦に出ます。

 
結果、無事に彼女を連れ帰ることが出来ました!

関連:【子猫】 農場で見つかった独りぼっちの子猫。キツネに襲われないように自宅に連れて帰ると、興味津々の先住犬がやってきて…?

新しい未来が開けた

家に到着し、2匹の先輩猫とも挨拶を交わしましたが、子猫は新しい環境に戸惑っているようです。

しかし、不安そうな様子の彼女を落ち着かせるため、デイシーさんが抱っこしてあげると…

 
やっと安全だと理解できたのでしょうか、のどをゴロゴロと鳴らし始めます。

 
改めて与えたキャットフードも、すごい勢いで平らげました!

 
これからはもう、ひもじい思いをすることも寂しい思いをすることもないでしょう。

ペットとしての道を歩み始めた子猫に、この先数えきれないほどの幸せが訪れることを願っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ