視線が動かせないほどに衰弱していた子猫。懸命なケアによって命を取り留めると、少しずつ体重を増やしていき…

米ワシントン州シアトルにて発見された子猫の兄弟。

母猫とはぐれてしまった彼らはいずれも痩せ細っており、身体もひどく汚れていました。

 
特にリコライスと名付けられた1匹は、兄弟と比べても特に身体が小さく…

発見当時も、辛うじて生きているという状態でした。

目の前で指を振ってみても、その動きを追うことすら出来ないほどに衰弱していたそうです。

寄り添ったケア

地元のアニマルレスキューのアシュリーさんは、彼らの話を知り、自宅へ迎え入れることにしました。

 
よほどお腹を空かせていたのか、自分の身体と同じくらいの量のご飯をペロリと平らげた子猫たち。

保育器の中で体温を保ちながら、抗生物質や目薬などの投与を受けて、回復への道のりを歩み出します。

 
極端に弱っていたリコライスには、水分補給を欠かさないようにしつつ、3時間おきにシリンジからご飯を与えました。

 
そしてある朝、子猫のご飯を用意するために起床したアシュリーさんは…

見違えるほど元気を取り戻した彼の姿に、驚かされたそう。

数時間後には、自分の力で歩こうとさえしていました。

まさに、大きな前進でしたね。

 
アシュリーさんのオフィスの机の周りを動き回って、元気になったことをアピール。

自力でトイレを試みるなど、猫としても成長していきます。

 
他の兄弟も、リコライスのことを気にかけていたようで…

彼を取り囲み、よく毛づくろいをしてあげていたのだとか。

 
それでもまだまだ健康的とは言い難く、とにかく体重を増やして体力をつける必要があったため…

アシュリーさんは睡眠時間を削って、1日に何度も彼にご飯を食べさせてあげたそうです。

関連:一生のほとんどを小さなケージで過ごした猫。保護され、感謝のハグが止まらない

順調に成長中

やがて体重が500gに近づいたリコライスは、美しい瞳とフワフワの毛並みを手に入れていました。

彼の成長を見守ることほど、喜ばしいことはありません。

里親をやっていて良かった、と思える瞬間ですね。

 
アシュリーさんによく懐き、声を聴いたら必ず駆けつけるというリコライス。

たくさんのご飯と愛情をもらって、これからも心身ともに、立派な大人へと育っていってくれるよう願います。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ