足に大怪我をして路上をさまよっていた子猫。抱っこすると恐怖で震えていたため、毎日触れ合う時間を設けたところ…

ニューヨーク州ブルックリンで、足を怪我している1匹の子猫を発見した男性。

何とか助けたいと、自前で用意した食べ物とともに、保護団体から借りた捕獲用のトラップを仕掛けます。

そして、夜中の2時半を回った頃…

 
ようやく姿を現した彼女は、お腹が減っていたのか、そのままスムーズにトラップの中へと入ってくれたそうです。

懸命な治療

その後カービィと名付けられた子猫は、団体スタッフのウィルさんに託されました。

すぐに動物病院へと駆けこみました。

彼女の足の傷は、感染症のため壊死しかかっていたんです。

 
傷口の周囲をキレイにして、ウジ虫も取り除いて…

様々な処置を施すことで、やっと傷口の肉が本来の赤みを取り戻したそうです。

解熱と感染症の予防のため、抗生物質を注射してもらったんです。

それから、数日分の痛み止めのお薬ももらいました。

 
ウィルさんは、12時間おきに患部を消毒。

献身的な看護のお陰で、少しずつ傷痕は塞がっていきます。

 
とても臆病な性格のカービィを安心させるため、毎日の触れ合いも欠かしません。

彼女の身体は震え続けていたけれど、それでもこちらを信用しようとしているのが判りました。

大きな瞳でこちらを見上げて、か細い声で鳴くんです。

脚が治るにつれて、少しずつペットとしての生活に慣れていきました。

 
そして、引き取ってから2週間後。

歩けるかどうかのテストを行ってみると…

半分ほど歩いたところで、彼女は立ち上がって、私に向けて手を挙げてみせました。

彼女はもう、完璧に歩くことが出来るようになったんです。

それでもまだ、抱っこされたまま移動する方が好きみたいですけどね。

 
最初に怯えていた姿はどこへやら。

ペットとしての生き方を覚えたカービィは、すっかり甘えん坊になっていました(*´∀`*)

里親となったウィルさんに身体を預けて、完全に信頼を寄せているようです。

関連:後ろ足にヒドい怪我を負った子猫は…命を繋ぐため、自ら人間に助けを求めた

幸せになる準備

しかし…

里親に迎えた子猫は、いつしか「生涯のお家」へと送り出さなくてはなりません。

やがてカービィも、新しいママのもとへ旅立っていきました。

ウチで飼えればいいな、とも思います。

でも…他にも助けを必要としている猫が、たくさんいますから。

 
今日もどこかで、小さな命を救うために戦う里親たち。

その尽力へ、心から称賛の拍手を送ります。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ