兄弟を亡くし生き残ったものの、衰弱しきっていた子猫。生死の境を切り抜けて、いたずらっ子へと成長を遂げる!

ニュージャージー州のとある動物保護シェルターに、2匹の子猫の兄弟が保護されたときのこと。

小さな彼らには母親がおらず、24時間体制でケアをする必要があります。

しかし、シェルター内には、新生児の世話をする余裕のあるスタッフがいません。

 
このままでは命が危ないと、里親ボランティアのソフィアさんが名乗り出ましたが…

彼女の懸命な看護にもかかわらず、1匹は命を落としてしまったそうです。

生死の境を切り抜けて

生き残った子猫は、ゴクウと名づけられました。

しかし彼の容態もまだ安定していなかったため、ソフィアさんは夜も眠らずケアを続けます。

 
幾度も動物病院を訪れて、ようやく体調が安定してくると…

注射器で1滴づつミルクを飲ませる方法から、十分な栄養を摂れるチューブを使った食事に切り替えることができました。

 
その後は日を追うごとに食欲が増し、順調に回復。

そして保護されてから2カ月が経ち、すっかり元気になった彼は…

とってもヤンチャな子猫へと成長しました!

 
先輩犬のマイロに、ちょっかいをかけて遊ぶのがお気に入りなのだとか(*´艸`*)

 
もちろん、抱っこをされるのもキスをされるのも大好きです。

関連:兄猫が引き取られ…残った病弱な子猫に新しい友だちを紹介したら?

幸せになる準備

心優しい里親ファミリーのもと、すくすくと成長していったゴクウ。

まもなく、生涯のお家探しがはじまります。

 
ゴクウに優しい家族が見つかって、快適なお家で幸せに暮らしていけるよう、心から願います。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ