『死後の世界が映るTVがある』 小学校で流れた噂の真相は…マジか!

鯨武 長之介 @レバガチャアーカイブ(原作) 1巻発売中 (@chou_nosuke)さんは以前、娘さんが通う小学校で「変な噂」が流行っていることを知りました。

 
その内容は、ずばり…

『死後の世界が映るテレビがある』

 
何とも子どもらしい怪談、かと思いきや…!?

真相

娘さんがとんでもないことを言い始めます。

うちのテレビもだった!

 
ええええええ!!!?

そこで、一体なにがあったのか、詳しく聞いてみた結果





何かと思ったら…

「アナログ放送の切替ボタン」「砂嵐映像」だった。

今のテレビは地デジ専用だからなw

 
なるほど( ;∀;)

たしかに、デジタル移行後の世界しか知らない子どもたちからすれば、アナログ時代の砂嵐は非常に不穏なものに見えたことでしょう…(笑)!

関連:『トイレに赤マントが!』と騒ぐクラス。呆れた先生が、衝撃の一言!

みんなの反応

●そっか。デジタル放送は放送されてないチャンネルをつけても暗いままだから、砂嵐自体がなくなったのか

●今の子どもはアナログ放送を知らないのか…確かに、地デジ完全移行からもう7年経つのだから仕方ない事ではある

●ホラー映画を見ててテレビの音を小さくしようとリモコンを触ったら「オンリョウ」が出たという話も、最近のテレビでは起らないでしょうね

●赤ちゃんに砂嵐を見せると、胎内に居た時の母体の血流に音が似てるから泣き止む、という話がありましたね。死後の世界=生まれる前の世界(輪廻)と考えると、妙な納得感がありますw

 
時の流れを感じさせられる一幕に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ