母とはぐれ、唯一生き残った子猫は…やがて「大の甘えん坊」に育った

動物保護団体「Critteraid Animal Sanctuary」に、1件の救助要請の連絡が入りました。

聞けば、とある農場の離れにある建物内で、母親のいない3匹の新生児の子猫が見つかったとのこと。

スタッフがただちに保護に向かいましたが、残念ながら命を取り留めることができたのは1匹でした。

 
里親になったダニカさんは、当時のことを振り返ってこう語ります。

生まれてから最初の数日は、母乳からの栄養がとても重要で…

母親からミルクを与えられなかった彼らは、すっかり弱り切っていたのです。

おもしろいクセ

メイジーと名付けられた子猫は、小さいながらも、たくましい生命力と旺盛な食欲を併せ持っていました。

また、彼女のご飯の食べ方はとてもユニークで…

時間になると走ってきて、食べ物の中に飛び込み、その上に乗ってガツガツと食事をするのだそうです。

いろんなお皿や容器で試してみたんですが、

彼女のクセは一向に直りませんでした。

いつも食べ物の中にダイブして、ご飯を食べるんです。

 
大きくなるにつれ、どんどん人懐っこくなっていったメイジー。

 
いつも抱っこを要求してきて、決して「ノー」とは言わせません。

 
ほかの子猫と遊ばせようとしても、まったく興味を示さず、人間と一緒にいたがり…

里親パパが電話をしているときなんて、なんとか気を引こうと必死になるのだとか。

 
そんな日々を経て…

やがて彼女にも、「生涯のお家」が見つかりました。

 
動物が大好きな夫婦のお家に、家族として迎え入れられることになったのです。

関連:兄猫が引き取られ…残った病弱な子猫に新しい友だちを紹介したら?

いつまでも甘えん坊

新しいお家で「パイパー」という名前をもらった彼女。

環境は変われど、甘えん坊なところは今でも変わらず…

ママがトイレに行くとき以外は、その膝の上で過ごしているそう(*´艸`*)

 
辛い過去を乗り越え、幸せを掴んだ子猫。

どうかこの先も、飼い猫としての生活を思う存分満喫していってほしいですね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ