路上で保護された「悲しい表情」の子猫。でも、愛情を与えられると…

カナダ・モントリオールの路上で保護された1匹の子猫。

 
保護団体Chatons Orphelins Montrealに引き取られた彼女は、「ヴィルギュル」と名付けられました。

全身はノミだらけで体重は250gしかなく、とっても悲しげな目をしています。

一人ぼっちで心細かったのでしょう。

ミルクをあげるとすぐに飲み始め、抱っこしてもらうまで鳴き続けたそうです。

この体重で母猫がいなければ…

きっと一人では生きられなかったと思います。

すくすく育って…

ノミを取るために何度かお風呂に入れてもらうと、喉も鳴らしてくれるようになりました。

 
その後は2時間おきに注射器でミルクをもらいながら、順調に元気を取り戻していきます。

 
ご飯の後は預かりボランティアさんにすり寄って、喉を鳴らしながら眠ってしまうんだとか。

 
そして1週間がすぎると



体重は100gも増加し、小さな歯も生え始めました!

 
甘えん坊の彼女は、おしゃべりもとっても上手になったそうです。

何かして欲しいことがあると、やってもらえるまで呼び続けるんです。

一人になるのは大嫌いで、誰かが近くにいないとご飯も食べません。

関連:ケアを続けても体重が増えない子猫。そこで、専用のご飯台を作ると…

甘えん坊

悲しい目をしていた小さな子猫は、愛嬌たっぷりの幸せな猫へと変貌を遂げました。

 
これからも元気に育ってくれるよう、心から願っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ