健康なのに鳴かない子猫。しかし、たっぷりの愛情を注がれると…!?

ロサンゼルスの路地で発見され、動物保護団体「Friends for Life Rescue Network」の共同創設者であるジャクリーンさんに預けられた、1匹の子猫。

 
生後6週程度と思われた彼女は、活発で好奇心旺盛だったにも関わらず…

1度も鳴き声をあげませんでした。

風が強い日だったので、シャツの中に入れて車まで連れていきました。

車に乗せると、肩に登ってすり寄ってきて…

その時も鳴く素振りは見せたものの、声が出なかったんです。

声を聞かせて

子猫はローレライと名付けられ、里親が見つかるまでの間、ジャクリーンさんの元で過ごすことになります。

健康には問題ないものの、やはりとっても静か。

 
その後も黙ったまま、1日目が過ぎ、2日目が過ぎ…

 
3日目のことでした。

 
ジャクリーンさんがご飯をあげようとした時…

ようやく可愛い声を聞かせてくれたといいます!

 
声が出たことが嬉しかったのか、その日は一日中大きな声で鳴き続けたというローレライ。

以来、ご飯の時間や遊びたくなると、鳴いて教えてくれるようになったそうです(*´艸`*)

関連:家の中で、飼ってないはずの子猫の鳴き声がする。そして、くまなく探したら?

これで一安心

やがて子猫は、優しい里親の元へ引き取られました。

 
たっぷりの愛情とケアによって声を取り戻したローレライは…

これからも可愛い鳴き声で人々を魅了し、愛に包まれて暮らしていくことでしょう(*´∀`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ