旅先で保護した小さな子猫。元気を取り戻すにつれ、甘えん坊になり…

米ミシガン州出身のアナスタシアさんが、ギリシャのキシロピガドと呼ばれる町を訪れたときのこと。

滞在中、彼女は助けを求めて独りぼっちで鳴いている子猫と出会いました。

子猫は、かなりひどい栄養失調に陥っていました。

更には、重たい感染症にも罹っていたみたいで…

そのせいで目ヤニが酷くて、開けることさえもできなかったんです。

怯えながらも

周囲を見回してみても、母猫と思しき姿は見えません。

とても放っておくことは出来ず、アナスタシアさんは子猫の体を抱きあげます。

ちょうど近くに捨てられていた子ども用の服を拾って…

彼女の身体を包んであげました。

 
アナスタシアさんは、モイラと名付けた彼女を動物病院へと連れて行き、必要な治療を受けさせました。

モイラはとても小柄で、それに怖がりでした。

それなのに、私の首元まで寄り添ってきて、首元に寄り添って寝ようとするんですよ。

 
その後、一緒にアナスタシアさんの滞在先へ。

お風呂にも入って、汚れた身体を綺麗にしてもらいます。

 
目の感染症のための薬や、栄養のあるご飯、なによりアナスタシアさんからたっぷりの愛情を受けた彼女は…

少しずつではあるものの、心身ともに健康を取り戻していきました。

 
体調がよくなってからは、ヤンチャな性格も顔を出し始めます。

どうにかして一緒に遊ぼうと、同じように救助されていたチワワ犬のコービーのあとをくっついて回るんだとか。

モイラはとても元気な子ですね。

ここまで全力で走ったり遊んだりする子猫は、今まで見たことがないくらい!

関連:足が悪くても歩くことを諦めない子猫に、専用の車椅子を作ったら…!

一緒に引越し

やがてギリシャでの滞在を終え、アメリカへと帰ったアナスタシアさん。

もちろん、モイラとコービーも一緒に連れて行きます。

なにせ、手続きがたいへんでしたね。

モイラのためにパスポートを取ったり、ワクチンを受けさせたりして…

幸いなことにモイラは小柄だったので、コービーと一緒のキャリーケースに入れて連れ帰ることが出来たんです。

 
2匹は、ミシガン州での暮らしにもすぐに馴染みました。

モイラは大きなテディ・ベアの人形がお気に入りで、甘えるように頭を擦りつけたり、寄り添って眠ったりしているとのこと。

もしギリシャで出会っていなかったら…

彼女は今頃、生きてはいなかったかもしれない。

これほどまでに回復してくれたのは、とにかく喜ばしいことです。

 
素敵な出会いに恵まれて、一命を取り留めたモイラ。

優しい飼い主さんや、友達のコービーと一緒に、これからも幸せな日々を満喫してほしいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ