『子猫を引き取って』と訪ねてきた女の子。断るも目を放したスキに…

ある日、アメリカ・ミシガン州のペット用品店に、小さな子猫を抱いた10代の女の子2人が現れました。

2人の要望は「この子を引き取って欲しい」というもの。

 
お店のマネージャーは保護団体に連絡を取るよう勧めましたが…

30分後、スタッフが外で休憩を取っていると、どこからともなく鳴き声がします。

 
探しに行くと…そこには先ほど女の子たちが抱いていた子猫の姿がありました。

 
とても暑い日だったにも関わらず。

ブランケットに包まれてカートの中に置き去りにされていた彼は、助けを求めるかのように鳴き続けていたといいます。

子猫の保護

地元の保護団体「Ferndale Cat Shelter」に協力を求めると、責任者のディアンヌさんはすぐに駆けつけてくれました。

 
幸いにも預かりボランティアもすぐに見つかり、落ち着いた環境でケアが始まります。

 
5日もすると体重も増え始め、順調に元気を取り戻していった子猫は…

チヒロと名付けられて、魅力いっぱいに育っていきました。

 
甘えん坊の彼は抱っこされるのが大好き。

 
いつも家族の近くに居たがり、1人になるのを嫌がるのだとか。

関連:『車に戻る間、子猫を抱いてて』 そして…飼い主は2度と帰らなかった

魅力いっぱいに

優しい人たちに支えられ、美しい猫へと変貌を遂げたチヒロ。

 
悲しい経験を忘れるほどの幸せに包まれて…

これからも愛嬌たっぷり、元気に育ってくれることを願っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ