引っ越してすぐに子猫が挨拶にやって来た。時々ご飯をあげていたら…

イギリス在住のレイラさんは、新居に引っ越してまもなく、とてもかわいらしい子猫と出会いました。

 
のちに、トムと名付けられる彼は…

まるで引っ越してきた隣人に、挨拶をしに来たかのようだったといいます。

身体は汚れていて、痩せていました。

そのまま放ってはおけずに、ご飯を食べさせてあげたんです。

fko

ご近所付き合い

トムは、レイラさん宅にときどき顔を見せるようになりました。

そして、お腹が空いた時には、鳴き声をあげてご飯をねだるのだとか。

 
子猫の人馴れしている様子から、飼い主がいるかもしれないと考えたレイラさんは、ご近所で訪ねてみたそうですが…

隣家の老夫婦は「何年もこの家で暮らしているけれど、見たことがない」と。

迷子猫用のFacebookページでも呼びかけてみたんですが、飼い主は現れませんでした。

 
こうしてレイラさんは、子猫のトムと暮らすことを決心し…

まずは彼に、去勢手術と健康チェックを受けさせることにしました。

 
しかしトムは、室内に閉じ込められることを怖がってか、必死に逃げ出そうとしたのだとか。

無事に手術を終えて戻ってきたあとも、しばらくはビクビクと怯えていたそうです。

トムはとても怖がりで、ダイニングルームのテーブルから動こうとしませんでした。

彼を落ち着かせるためには、とても長い時間が必要だったんです。

 
屋内の生活に慣れない彼と、根気強く向き合い続けるレイラさん。

その愛情に応えるように、徐々にではあるものの、トムは新しい生活を受け入れていったそう。

 
数ヶ月ほどして、完全に恐怖心を克服したトムは、家中のあらゆるところを冒険するようになっただけでなく…

 
先住猫のエリックとも、ようやく仲良くなれました。

関連:【オスカー級】実家で暮らす猫の「家に入れてほしい時の顔」がスゴい

新たな生活

トムは、レイラさん宅での生活をすっかり気に入っているようです。

この子猫は私たち家族にとって、欠かせない存在です。

子どもの世話が大変なときには、傍によってきて癒してくれるんですよ。

こんなに素敵な性格の猫には、今まで出会ったことがありません。

 
馴れないインドア生活を怖がっていた当初の面影は、もうどこにもありません(*´∀`*)

 
これからも優しい飼い主さんの元で、幸せに暮らしていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ