同性のパートナーと不動産屋に行ったら…『時代変わってる感がある』

松岡宗嗣 (@ssimtok)さんが、同性のパートナーと不動産会社を訪れたときのこと。

スタッフに関係性を聞かれて…

 
『時代変わっている感がある』

仰るとおりかもしれません(*´∀`*)

『普通』が最も大切

どんなカップルであろうと、このように自然体で受け入れられる社会こそが本当の理想です。

 
誰もが自由に好きな人と暮らせるその日まで…

良い流れを止めぬまま、一歩ずつ進んでいく意識が大切ですね。

関連:父に『カミングアウト』した日。返ってきた言葉に、胸が熱くなった!

みんなの反応

●こういう『普通』と変わらない対応こそが、考え方の改革への第一歩だと思うんだよな。「LGBTに配慮して…」とかよく言われるけど配慮し過ぎて、どんどん『普通』とかけ離れていっていないかと…

●個人的に本件に対する差別偏見はないけれど、社会(の1人)がこうした対応している事実はすごいなと。社会に対する諦めが強いんだと良くも悪くも自覚した。こういう流れがより広がるといいなー

●パートナーを見つけるのは、男女間でも同性間でも簡単に見つかるものではない。フラットに物事を考えられる人が増えて、オープンに出来る世になれば良い……とは感じる。正直に言ってもらえると、スタッフとして嬉しいかもね

●こういうの読むととてもうれしい。日本も時代も悪い方にばかり変わっているわけじゃない

 
深く考えさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ