病気と戦うオス猫が、子猫と出会ったら…「父性本能」が開花した!?

アメリカ・フロリダ州の保護団体Wedgefield Kitty Projectにやってきた1匹の猫・ハブル。

彼はとう骨(前足の骨)の形成不全に加えて、FIV(猫エイズとも言われる、免疫力が低下するウイルス性の疾患)を患っていました。

 
病と一生付き合っていかなければならない体ゆえ、里親探しは簡単なものではありませんでしたが…

 
6ヶ月もの時間をかけて、彼はようやく新しい家族・デビーさんに出会います。

意外な一面

その後、新居へと引き取られたハブルは、「意外な才能」を開花させました



 
デビーさんが保護団体で預かりボランティアとして連れてきた子猫を…

甲斐甲斐しくお世話し始めたのです。

彼はとても優しくて、愛情で溢れています。

子猫がしつこく構って欲しがっても、辛抱強く我慢してくれるんです。

 
子猫たちの方も、そんなハブルにすぐ懐いた様子。

誰も彼の障害のことは気にしていないみたい。

ただ遊びたくて、愛されたがっているんです。

 
もともとあった『父性本能』はもちろんのこと…

彼自身の生い立ちも関係しているのでしょう。

自分も保護されたからか…

保護された子猫たちを助けることを大切に思っているみたい。

関連:ゴミ収集車から救った子猫を施設へ預けた作業員。しかし、その姿が忘れられず…

愛の連鎖

自分が受けた愛情を、他の誰かへ。

幸せのバトンを渡していくその姿に、心癒されます。

 
これからも優しいパパとして、たくさんの子猫たちに愛される喜びを教えてくれることでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ