優しい里親にベッタリの子猫。それでも、別れの時はやってきて…

タグ

とある酷暑の日。

アニマルレスキューとして働いていたテレサさんは、子猫が助けを求めて鳴いている声を耳にします。

 
のちに、バートと名付けられる彼は独りぼっちで…

照りつける太陽の暑さに悲鳴を上げながら、路上をさ迷っていたんだそう。

 
テレサさんはバートを救助したのち、里親としてボランティア活動を行っているニッキさんに、そのお世話を託しました。

快適な暮らし

ニッキさんは、お世話を引き受けた当時のことを振り返ります。

正直、ほかの子猫たちのお世話もあって、手一杯ではあったんですが…

でも、だからといって見捨てられなくて。

 
目に感染症を患い、ひどく痩せ細っていたバートは…

よほどお腹を空かせていたのか、ニッキさんが差し出した食事を、ものすごい勢いで食べ始めたんだそう。

 
涼しい屋内、手厚いケア、そしてたっぷりの食事。

そんな快適な暮らしをバートが受け入れるまで、1日もかかりませんでした。

 
たくさんの愛情を注いでくれるニッキさんにもすぐに懐き、甘えるようになったんだとか(*´∀`*)

 
それから数日と経たず、彼の状態は快方へと向かいます。

目もキレイになり、体重も増えて、生来のエネルギッシュで遊び好きな性格が開花したバート。

健康を取り戻した喜びを全身で表現するかのように、四六時中跳ね回っていたんだそう。

路上での暮らしが向いている子猫なんていませんが…

バートは特に耐えられなかったでしょう。

甘えん坊で、本当に可愛い子猫です。

 
起きている間はほとんど休みなく遊びまわっている彼ですが…

眠る時は、ニッキさんに寄り添うのがお決まりでした。

関連:施設でともに育った子犬と子猫。やがて、避けられない「別れの日」がやってきた

どうか幸せに

それでも…別れの時はやってきます。

可愛い子猫と出会ったときに、よく「自分で飼ったら?」と聞かれます。

それができたらいいな、と思うこともあるんですけど…

でも、できないんです。

 
やがて立派な大人のネコに成長したバートは、新たな家族のもとへ旅立っていきました。

寂しくないといったら嘘になりますね。

でも同時に、彼の里親になれてよかったとも思うんですよ。

彼が新しい家で、元気に過ごしていってくれることを願います。

 
すべては彼のさらなる幸せのため、そして自分の助けを必要とする他の子猫のため。

ニッキさんの揺るがぬ信念と大きな優しさに、心から敬意を表します。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ