『車に戻る間、子猫を抱いてて』 そして…飼い主は2度と帰らなかった

アメリカ・カリフォルニア州のとあるペット用品店にやってきた一人の女性。

クーポンを車に取りに行く間、この子を抱いていて欲しい。

 
彼女はお店のマネージャー・ギルバートさんにそう頼むと、連れてきた小さな子猫を預け、外へ出て行きます。

そして…

女性はそのまま戻りませんでした。

子猫は、捨てられてしまったのです。

ヒゲが大好き

ギルバートさんが抱いている間、まるで母猫の感触を思い出すかのように、ずっとヒゲにすり寄ってきたという子猫。

どかしてもどかしても、戻ってきてしまって…

顎の下が相当快適だったのか、ずっと喉を鳴らしていました。

 
その後、保護団体the Cat House on the Kingsに引き取られた彼女は、ギリーと名付けられました。

お風呂に入れてあげると、三毛模様もきれいにわかるように。

 
里親となったマーガレットさんいわく…

はじめのうちはシャイだったけれど…

お風呂とご飯の後は、だいぶ良くなったみたい。

 
別の預かり猫・チンチンともすぐに仲良くなりました。

 
少し年上の彼に置いて行かれないよう、おませなギリーはその後を頑張って追いかけていたと言います(*´∀`*)

関連:残酷な捨て方をされ、弱った子猫は…優しい人々のもとで『奇跡の回復』を遂げた

ちいさな命を救う人々

ギリーを保護したギルバートさんは、いつか彼女に会いに行きたいと語りました。

この出来事で、希望をもらいました。

保護団体や、預かりボランティアの協力を得て…

置き去りにされて、忘れられてしまうような無力な生き物を救うことができるんです。

 
不幸を経験するも、たくさんの優しさに支えられ、元気に育ったギリー。

 
小さな命を救うべく奮闘した人々へ、改めて拍手を送らずにはいられません。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ