病気によって、ただ独りの愛する子猫と引き離された母猫。それでも…

タグ

カリフォルニア州の保護施設へと連れてこられた、1匹の猫。

スパローと名付けられた彼女は妊娠しており、施設に連れてこられたその日に、4匹の赤ちゃん猫を出産したといいます。

 
動物保護のボランティア団体を営んでいるジャクリーンさんいわく…

彼らのことを知って、急いで保護施設へと駆けつけました。

けれども、私が着いたとき、子猫のうち2匹は既に息を引き取っていて…

さらに、もう1匹の命も、風前の灯火だったんです。

たった独りの子ども

猫の親子は、いずれもノミに集られていて、また子猫のうち1匹はひどい脱水症状と栄養失調に罹っていました。

一刻も早い治療が必要だと確信したジャクリーンさんは、彼らを引き取り、必要な処置を施したものの…

 
残念ながら、3匹目の子猫も、この世を去ってしまいます。

 
唯一生き残った子猫のフィンチに、スパローは全力で愛情を注ぎました。

スパロー自身も栄養失調で、1匹の子猫が飲むのに十分な母乳を出すのも精いっぱい、といった様子でした。

それでも、赤ちゃんが鳴き声をあげると、すぐに応じて寄り添ってあげていたんです。

 
しかし、フィンチの体重はなおも増えず…

ジャクリーンさんは、母乳だけでは健康的に成長するのは難しい、と判断します。

 
そこで、毎時間チューブで栄養たっぷりのご飯を食べさせてあげることに。

献身的な看護によって、生き残るために必要な活力を得たフィンチは、少しずつ体重も増え、健康になっていきましたが…

 
救助から一ヵ月後、ジャクリーンさんのもとに、新たな「悪い知らせ」が届きます。

 
母猫のスパローは『猫白血病ウイルス』に罹ってしまっていたのです。

 
このウイルスは、病気への免疫力を著しく弱めてしまう、といったもので…

さらに、猫同士で非常に感染しやすい、という特徴を持っていました。

 
万が一、まだ体力のない子猫のフィンチが感染してしまえば、取り返しのつかない最悪の事態になってしまう可能性も。

そのため、母猫のスパローは、唯一生き残った子猫のフィンチとも、離れ離れにならなければいけませんでした。

関連:感染症で呼吸すら上手く出来ず、どんどん弱っていく子猫。必死の看病の結果は?

家族の愛情

重い病気に苦しみ、さらには独りぼっちになってしまったスパロー。

そんな彼女を、とあるカップルが里親として迎えてあげました。

 
孤独な母猫に、めいいっぱいの愛情をもって接する2人。

スパローも、すぐにそれを受け入れて、喉を鳴らして甘えるようになったといいます。

彼女は本当に甘えん坊で、私が帰宅するとか細い声で鳴いて、構ってもらおうとするんですよ。

ソファーに座ると、私の体に飛び乗って、頭突きみたいな勢いで顔を寄せてきて……

あまりにすごい勢いなので、そのまま私の身体を飛び越してしまうこともあるんです。

 
治療を続け、やがて少しずつ免疫力を取り戻していったというスパロー。

彼女は本当にいい子ですね。

ちょっぴり不器用だけど、社交的で、好奇心旺盛で、遊ぶのが大好き。

幸いなことに、病気も快方に向かっています。

 
他の猫と暮らすことは出来なくても…

最高の里親に迎えられた彼女が寂しい思いをすることは、きっともうないでしょう。

不幸な記憶を拭い去るほどの幸せが、その未来に訪れるよう祈ってやみません。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ