子猫と「辛い別れ」を経験した女性。でも、10年以上が経った今…

タグ

今から10年以上も昔のこと。

大学に通っていたエリンさんは、行き場を失くした1匹の子猫と出会いました。

 
彼はエリンさんと出会うなり、その腕の中に飛び込んで、ぎゅっと抱きしめて離そうとしなかったそう。

私も、すぐに彼のことが好きになってしまいました。

けれども、私の住んでいた学生寮は動物厳禁で…

なにか方法はないかと、必死に考えたんです。

一緒に暮らし始めるも

結局エリンさんは、ベイリーと名付けた子猫を寮へとコッソリ連れ込むことにしました。

 
しかし…一週間後、あえなく発覚。

「2日以内にベイリーを手放すように」と迫られてしまいます。

最初は、実家で飼ってもらおうと思ったんです。

でも、その時はもう犬が1匹、猫も2匹飼っていたので、もう1匹迎え入れる余裕がありませんでした。

お別れは、とても悲しかったです。

 
やがてエリンさんは、子猫を引き取ってくれる受け入れ先を探し続け…

「ウチで引き取ってもいい」という80代の女性と出会いました。

ベイリーを預けてから学校に戻るまでの間、ずっと泣き続けていました。

父は「子猫は他にもたくさんいるじゃないか」と、私を慰めたけれど…

私は、「ベイリーはあの子しかいない」と、駄々をこねていましたね。

 
しかし…女性宅に迎え入れられたベイリーは、その家の他の猫たちと仲良くなれませんでした。

 
そこでエリンさんは、学校が冬休み期間に入ることを利用して、とある計画を思いつきます。

それは、「ベイリーの次の受け入れ先が見つかるまで、自宅で一時的に引き取る」というもの。

一ヵ月という短い期間で、どうやって両親を説得するか、考え続けました。

お父さんは絶対に「飼ってもいい」とは言わなかったけど…

最終的に、お母さんが折れてくれたんです。

 
こうして、一度は離れ離れになったエリンさんとベイリーは、今度こそずっと一緒にいられるようになったのです。

 
それから月日は流れ…

大人になったエリンさんは、良縁に恵まれて、娘のアビーちゃんを出産しました。

 
果たしてベイリーが赤ちゃんを受け入れてくれるだろうか、若干の不安もあったそうですが



 
引き合わせるなり、彼はまるで妹を守るかのように、その傍に寄り添います!

 
そしてアビーちゃんが成長した後も…



 
ベイリーは彼女の良き兄、また親友であり続けました。

関連:猫の保護施設を訪れた女の子は、そこで「最高の妹」を見つけた!

ずっと一緒

やがて文字が読めるようになったアビーちゃんは、ベイリーに本を読み聞かせてあげるように。

 
読書の時間は、ベイリーにとっても至福のひと時らしく…

アビーが本を手に取ると、自然とその腕の中にすっぽり収まってしまうんだとか。

あの子たちは、とても固い絆で結ばれています。

アビーも、ベイリーのために読んであげている、というつもりなんでしょうね。

 
2世代にわたって家族に寄り添い続ける愛情深い飼い猫。

心温まるエピソードに、ほっこりとした気持ちにさせられますね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ