心に傷を負った母猫のもと、命を落としかけていた子猫。それでも人々の尽力で…

ある日、オーストラリア・サウスウェールズのとある家で、4匹の子猫が生まれました。

彼らはみんな未熟児で、残念ながらそのうち2匹は命を落としてしまいます。

 
心に深い傷を負ってしまった母猫。

ストレスから母乳を作ることができず、お世話もしたがりません。

 
「このままでは残りの子猫たちも危ない…」

そこで、事情を知った保護団体CatRescue901のメンバー・カテリーナさんが、彼らを引き取ることになりました。

戦いの末…

獣医の元で、改めて未熟児と診断を受けた2匹。

しかし治療の甲斐もなく…

うち1匹の子猫が、再び虹の橋を渡っていきました。

 
ヘーゼルと名付けられた最後の1匹を救うため、懸命の処置が続きます。

彼女は79グラムしかありませんでした。

あまりに心配で…

夜もろくに眠れなかったんです。

 
それから数週間、カトリーナさんは気が気でなかったと言います。

ヘーゼルの状態は不安定で、何度も獣医に駆け込みました。

 
そして



彼女はなんとか戦い抜き、次第に元気を取り戻して行ったのです。

ヘーゼルが甘えている様子を見ると、とても心が温かくなって…

嬉しくて泣いてしまう程です。

ずっと緊張していましたが、なんとか持ちこたえてくれました。

 
その後、小さな子猫は元気一杯に育っていきます。

 
パパにたっぷり甘えて嬉しそう!

 
ママの膝の上で丸まって、お腹を撫でてもらうのも大好きなのだとか。

 
たくましくやんちゃになった姿は、まるで別の猫のようです(*´∀`*)

関連:大切な赤ちゃんを病気で失った母猫。残りの子猫たちから片時も離れようとせず…

嬉しい成長

生後6週を迎え、ますます魅力を開花させたヘーゼル。

 
新しいお友達もできて、もう一人前の猫の面持ちですね。

 
生きることへの強い意志と献身的なケア、そしてたっぷりの愛情によって、消えかけていた命は見事に息を吹き返しました。

二人三脚で困難を乗り越えた2人に、改めて尊敬の念を抱かずにはいられません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ