心を閉ざしたお爺ちゃん猫は…子猫たちと出会って、新たな生きがいを見つけた!

カナダ・ブリティッシュコロンビア州の「TinyKittens」によって保護され、グランパ・メイソン(メイソンおじいちゃん)と名付けられた1匹の老猫。

末期の腎臓病による絶え間ない身体の痛みと戦いながら、長い間野良猫として生活して来た彼は…

人間に対する恐怖からか、やってきた当初はスタッフを近づけようともしなかったといいます。

 
もちろん献身的なケアを施すうち、やがて少しずつ心を開きはじめてくれたものの…

その様子には、いつまでも溶けきらないわだかまりが残り続けていました。

心を溶かしたのは…

しかし数ヶ月後のある日、そんなメイソンの態度を一変させる出来事が起こります。

 
預かった子猫たちを傍へ連れていくと…

 
気難しかった彼が、一転して嬉しそうな様子を見せ始めたのです。

メイソンが初めて愛で満たされた瞬間でした。

子猫たちに囲まれている時が一番幸せなんです。

抱きしめたり、毛づくろいをしたり、猫の振る舞いを教えてあげているみたい。

 
それ以来、彼は何匹もの猫を育て上げましたが…

すべての猫が新しい家へと旅立つと、いつも子猫たちと寄り添っていた小さなソファに、再び一人きりで取り残されてしまいます。

 
なんとかメイソンに生きがいを与えてあげようと、施設のメンバーは別の助けが必要な子猫たちを見つけ、彼と引き合わせました。

子猫にとってもグランパ・メイソンにとっても、お互いに寄り添って抱きしめ合うのは、危険なことではありません。

むしろ、離乳の時期の子猫たちにとって、とてもいいことなんです。

 
事実、新しくやってきた子猫たちも優しい彼にすぐ懐き…

 
寄り添って喉を鳴らします。

関連:自宅の裏にふらりと現れた人懐っこい猫。1匹だけだと思い、招き入れてみると…

「孫たち」と一緒に

一人ぼっちで座っていた小さなソファも元どおり、子猫たちで満たされました。

 
つらい日々の果てに、自らの天職を見つけたグランパ・メイソン。

 
これからも彼は、たくさんの「孫たち」を立派に育て上げていくことでしょう(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ