病院に『殺処分して』と持ち込まれた子猫3匹。残酷な申し出を聞いた女性は…!

デビーさんが働くオーストラリア・ニューサウスウェールズ州の動物病院に、ある日、1人の男性がやってきました。

 
彼が抱えていた段ボールからは、子猫の鳴き声が聞こえます。

男性は、かなり不機嫌な様子でした。

子猫たちについては、「自宅近くの茂みから拾ってきた」と言っていましたね。

どうやら、近所に野良猫がうろついているのが気に食わなかったみたい。

 
その男性は、デビーさんに子猫たちを押し付けると…

「そいつらを殺処分してくれ」と言い放ったのです。

動物たちとの絆

あまりにも残酷な申し出に驚いたデビーさんは、男性から子猫を預かり、自分で育てることを決意します。

子猫たちはいずれも、へその緒すら取れていない、生後まだ数日といったほどの赤ちゃん猫でした。

 
少しでも目を離せば死んでしまうかもしれない、か弱い命。

デビーさんは昼夜を問わず、必死に子猫たちの面倒を見続けます。

赤ちゃん猫たちが、母猫の手助けなしに生き残ることができるだろうか、と不安でいっぱいでした。

けれど、彼らはお互いに助け合いながら、必死に生き残ろうとしていたんです。

 
それぞれリトルミッシー、パンダベア、ブルーイと名付けられた子猫たちは、幸いにもみな食欲旺盛でした。

デビーさんの飼っていたオウムにも手伝ってもらいながら、哺乳瓶から勢いよくミルクを飲み始めたそうです。

赤ちゃん猫はみんな、他の動物たちに興味津々みたい。

ウチで飼っている他の犬や猫たちとも、仲良くしてくれているわ。

 
生後4週間を迎える頃には、3匹ともすっかり大きく成長!

 
特にパンダベアは、飛びぬけて人懐っこい性格で…

 
椅子に座っている人を見ると、すぐさま駆け寄って抱っこを要求するんだとか( *´艸`)

関連:車の事故で兄弟を失った子猫は…優しい里親のもと、「新しい姉妹」と出会う!

絆は続く

デビーさんの自宅では他にもたくさんの動物を飼っていたため、子猫たちはその後、ご両親の家に引き取られていきました。

 
けれども、3匹は愛情をもって育ててくれた彼女への恩をけっして忘れません。

今でも、私のことを母親だと思ってくれているみたい。

両親宅を訪れると、家中のどこにいても、すぐに走ってきて迎えてくれるんですよ。

 
彼らの絆は、これからも決して途絶えることはないでしょう。

もしも、私が彼らと出会うことがなかったら…

いったいどうなっていたか分かりません。

3匹仲良く健康に育ててあげることが出来て、本当によかった。

 
子猫たちの未来を守ったデビーさんの英断に、心からの拍手を贈ります!(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ