憧れのウェディングドレスを着ることなく、天国へ旅立った妻。その遺品の中に…



2017年、作家のジョン・ポロさんは自身のFacebookに、今は亡き奥さんとの「ウェディングドレス」を巡るエピソードを投稿しました。



ミッシェルが初めての手術に臨むほんの数日前、僕らは裁判所で結婚した。

 
夫と、その妻になるために、とにかく急いで駆け込んだんだ。

彼女が、その手術を生きて終えられる保証はなかったから。

 
ガンが再発し、いよいよとなった時に、僕らは結婚することを決めた。

でも彼女と結婚式をあげることは叶わなかった。

 
ミッシェルは挙式の2週間前に、この世を去ってしまった。

憧れのウェディングドレス

何より、悲しかったことは…

後悔はたくさんある。

 
中でも、バージンロードを歩く彼女の姿を見られなかったのが、一番悔しい。

夢のウェディングドレス。

彼女は、あのドレスを愛していた。

 
ホスピスにいる時、ミッシェルは周囲の人々に、自分たちの結婚式がいかに素晴らしいものとなるか、度々話していたらしい。

その日を迎えられないなんて、思いもしていなかったんだろう。

 
僕にドレス姿を見せることなく、亡くなってしまったミッシェル。

でも、彼女が旅立って1週間後…

彼女の電話の中に、この写真を見つけたんだ。






That's my wife.

In her wedding dress.

A wedding dress that I never got to see her in.

We were married at the…

Better Not Bitter Widower with Coach John Poloさんの投稿 2017年8月31日木曜日

これは、僕の妻だ。

僕が初めて目にした、彼女のウェディングドレス姿だ。

 
ミッシェルさんは、ジョンさんに内緒で…

「ドレスの試着写真」を撮っていたのですね。

幸福感と悲しみがこみ上げて、ベッドから動けなくなった。

涙がこぼれて、どれほど彼女がこのドレスに憧れていたかを思い出し、笑った。

ウェディングドレスを着た、僕の花嫁。

 
僕は、もっと長生きしたい。

いつか再婚して、孫の顔だって見たい。

もっと書いて、もっと伝えたい。

自分のメッセージを、世界に広めたい。

愛と喪失について、悲痛と救済について、僕の知ってるすべてを発信したい。

 
でも。

その時が来たら、走っていく。

僕は彼女のもとへ、全力で走っていくんだ。

関連:結婚指輪を失くしたまま、妻に先立たれた夫。しかし半年後、奇跡が…

いつか、また

最後の瞬間まで、2人の夢を信じ続けたミッシェルさん。

その美しいドレス姿は、ジョンさんの心に、かけがえのない思い出を残したに違いありません。

 
切なくも温かいエピソードに、心を強く締め付けられました。

この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ