エリザベスカラーが気に入らず落ち込む愛猫。そこで飼い主がとった『秘策』は?


タグ

飼い主さんのことがとっても大好きな猫のレンガー。

 
ある日、去勢手術を受けた彼は…

首の周りに「エリザベスカラー」を着けた状態で帰宅しました。

※イメージ

 
傷口を保護するために必要な処置。

しかしレンガーは、この器具が苦手でたまらなかったようで、ひどく落ち込み、何度も無理に外そうと試みていたそうです。

画期的なアイデア

そんな愛猫の可哀想な姿を見かねた飼い主さんは、彼を安心させるべく、「あるアイデア」を思いつきます!

それは



「ほら、おんなじ!」

 
心優しいパパは、なんと「人間用のエリザベスカラー」を作り、自ら装着してみせたのです(*´艸`*)

関連:感染症で呼吸すら上手く出来ず、どんどん弱っていく子猫。必死の看病の結果は?

 
予期せぬ光景に、最初はレンガーも驚いていたものの…

すぐに安心した様子を見せ、それからは「パパも着けてたやつ」を甘んじて受け入れてくれるようになったんだとか(笑)

 
何ともほっこりする一幕。

2人の絆の深さが伺えるエピソードでした(*´∀`*)

この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ