感染症で呼吸すら上手く出来ず、どんどん弱っていく子猫。必死の看病の結果は?

とある女性が、自宅の庭に生えた木にしがみつき、降りられず困っている3匹の子猫を発見しました。

すぐさま駆け寄り、うち2匹はどうにか助けることが出来たのですが、もう1匹は逃げ出してしまいます。

 
その後、1匹だけ逃げた子猫・ベネットは、女性が所有する車の上に落ちてしまったようで…

 
落下のダメージからか、酷く衰弱した状態で保護されました。

必死の看病

女性はひとまず3匹とも自宅で保護し、ご飯をあげようと試みますが…

ベネットは食欲がないのか、どうしても食べようとはしません。

 
呼吸すらも上手くできず、みるみるうちに弱っていく彼を見て、女性は地元のアニマルレスキューに助けを求めます。

 
要請に応じたジャクリーンさんは語りました。

「子猫を助けてあげてほしい」と頼まれて、私は「もちろんです!」と答えました。

ベネットの身体は冷え切っており、また栄養失調にもなっていて…

さらには呼吸器系の感染症にも罹っていていたんですよ。

そのため、目もかろうじて開く程度で、鼻は完全に詰まってしまっていました。

 
ジャクリーンさんはベネットに抗生物質を投与し、栄養たっぷりの食事をスポイトで与えます。

 
そうした適切なケアのおかげで、彼は少しずつ元気を取り戻していき…

 
2日後には目も鼻も綺麗になり、食欲も旺盛になっていったそう。

 
やがて歩けるほどの体力を取り戻したベネットは、無邪気に遊び回るようになりました。

お腹が減ると、とてもかわいい鳴き声で、ご飯をねだってくるんですよ。

猫用のおもちゃでも遊ぶようになったし…

ずっと低かった体温も、今ではちゃんと平熱になって、健康を取り戻したんです。

関連:施設で見かけた、亡き愛猫を思い出させる子猫。その面影を忘れられずにいると?

幸運に救われて

なおベネットの兄弟たちは、2匹とも発見者の女性の家で面倒を見てもらったとのこと。

ベネット自身もすっかり快復し、ひとまずは一件落着です。

 
ほんの数日前までは、呼吸も食事も満足に出来ず、弱り切っていたのがまるで嘘のよう。

窮地を脱した彼らの幸運と、優しい人々の尽力に、改めて感謝したいですね(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ