ある日突然、警察署へと押し入ってきた迷い猫。その要求は『ご飯』ではなく…?

9月のある日、サウスカロライナ州のコロンビア警察署にやってきた1匹の迷い猫。

 
入ってくるなり、彼はその場にいた警察官たちに…

 
「自分を可愛がれ」と猛アピールを始めたといいます(*´艸`*)

関連:警察へ預けられた子猫は、やがて多くの人を癒やす「猫のお巡りさん」になった!

「不公平ニャ!」p

署の発表いわく…

「コロンビア警察署のサイトには、たくさんの犬の写真が投稿されている。だから猫の写真も必要だ!」

彼は、そう主張しはじめたんです。

 
自撮りに慣れているのか、カメラ目線もなかなか様になっています(笑)

 
その後、もとの家につながる情報はないかと獣医にも診せましたが…

マイクロチップは見つからず、飼い主が名乗り出てくることもなかったため、署員の1人であるモンゴメリーさんが彼を引き取り、キングスレーと名付けました。

 
すでに犬1匹、猫2匹が暮らす賑やかなお家で、再び記念撮影です。

 
キングスレーの新たな幸せがいつまでも続くよう、祈ってやみません(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ