ダンボールの中で命を繋いだ猫の4兄弟。しかし、うち1匹に再び危機が訪れて?


タグ

オーストラリア・シドニーに住むとある女性は、段ボール箱の中で4匹の子猫を見つけました。

 
きっと置き去りにされたのでしょう。

ミルクの入ったお皿が一枚だけ置かれた横で…

彼らは身を寄せ合って互いを温めあい、命を繋いでいたといいます。

予想に反して…

数日女性の元で過ごした後、保護団体CatRescue 911に引き取られた子猫たちは、それぞれに、ケプリ、カリセット、アテム、バカリと名付けられました。

 
それからしばらくは順調に成長していった彼らですが…

生後6週間の頃、ケプリが薬にひどい副反応を起こしてしまいます。

 
病院に駆け込みましたが、状態はとても悪く、獣医から「一晩持たないかもしれない」との宣告が下されました。

一縷の望みをかけて入院しましたが…

もしものことを思って、お別れの言葉も残したんです。

しかし、翌日。

病院を訪れた女性は、ハッと驚きます



ケプリが鳴きながら、ジャンプして出迎えてくれたんです。

みんなの予想を覆してくれました!

 
九死に一生を得て無事に帰ってきた兄弟を、皆で祝福します。

 
以来、彼には名誉ある「二つ名」がつきました!

「奇跡の猫」と呼んでいるんです。

あれから毎日、生きる意欲に満ちているみたい。

関連:猫の保護施設を訪れた女の子は、そこで「最高の妹」を見つけた!

兄弟のその後

さて、それから数カ月後。

身体こそ大きく成長しましたが、そこには相変わらず仲良く寄り添う兄弟の姿がありました。

 
彼らの絆は、これまで以上に強くなったようです。

 
「家族」というものの美しさを、再認識させてくれるような光景。

素敵なお話に、心がほっこり温まりました!(*´∀`*)

この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ