栄養失調で『頭でっかち』になった子猫。逆境にも負けず、立派な成長を遂げる

カリフォルニア州の保護施設に、野良猫の姉妹が連れてこられました。

彼女たちは、そのまま動物保護の活動をしている団体のもとへと引き取られていきます。

 
しかし2匹とも、とても衰弱しており…

うち1匹は、まもなくして息を引き取ってしまったとのこと。

 
独り残された猫には、ナキアという名前が与えられました。

 
彼女は、家族を失った悲しみにも負けず、懸命に生きるための闘いを続けます。

頭でっかちな子猫

生後3週間ほどのナキアの体は、生まれたての赤ちゃんほどの大きさしかありません。

体重も、同年代の子猫と比べて、たった1/3ほどしかなく…

また、その体の小ささに対して、大きな頭部の持ち主でした。

 
このアンバランスな体つきは、栄養不足の子猫によく見られる特徴なのだそう。

活動団体のスタッフであるトホアさんは…

私たちはまず、彼女のための特別な食事メニューを用意しました。

健康的に体重を増やすには、たくさんの水分と栄養が必要でしたからね。

 
また、ナキアのお腹と後ろ足には、毛が生えそろっていませんでした。

これも栄養失調の弊害のようで、このままでは適度な体温を保てず、体を冷やしてしまいます。

 
そこで靴下を使って、子猫用のセーターを自作してあげることに。

 
トホアさんたちの献身的な看護のおかげで、ナキアは少しずつ元気を取り戻していき…。

やがて、走り回れるまでに回復しました。

彼女は、本当にパワフルになりましたね。

食事の時間になると、ケースをよじ登って出てきてしまうくらい。

ご飯も、ものすごい勢いで食べつくしちゃうんですよ。

性格はちょっぴり恥ずかしがり屋だけど、一方ですごく甘えたがり。

近くにいる人には、すぐに甘えようとしちゃうんです。

 
生後5週間ほどのナキアの体はまだまだ小さくて…

生後2週間ほどの子猫・ローズマリーと、体の重さも大きさも同じくらいしかありません。

それでも、一歩ずつ着実に、自分のペースで成長していきます。

 
食欲旺盛なナキアは、やがて固形タイプのご飯も食べられるようになったそう。

食後のお掃除も欠かさず、少しずつ猫としての生き方を学んでいきます。

 
生後8週間で、体重はようやく1ポンド(約450グラム)に到達。

お腹と後ろ足の毛も生えそろい、体も筋肉が発達して、かなり頑丈になりました。

関連:引っ越して初めて…男性は、新居に「可愛いルームメイト」がいることを知った!

新たな家族

その後、彼女は「エル」と名を変えて、飼い主となった人の家に引き取られていったそう。

新たな家族から、たくさんの愛情をその身に受けて元気でやっているようです。

 
寂しい思いをすることは、もうありません。

エルの未来に今後も幸せが溢れるよう、心から祈っています。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ