自分に自信が持てない子猫。その性格を変えたのは「耳の聞こえない兄」だった!

ある日、バージニア州で弱りきった子猫2匹が保護されました。

テルマとルイーズと名付けられた彼らは、里親ボランティアのジェンさんへと預けられます。

彼女たちは問題だらけだったわ。

ノミや寄生虫、耳ダニがいて、上気道感染症を起こしていたの。

それに加えてテルマの人間に対する恐怖心がすごかった。

 
それからの2週間、ジェンさんは彼女たちの治療に尽力しました。

特に深刻な状態のテルマには、毎日数種類の薬を与えます。

 
やがて努力が実り…

ノミもすっかり取れ、2匹は健康を取り戻しました。

「盲目の兄」と出会って

次にジェンさんは彼女たちを、盲目の先住猫・ボップのもとへ連れて行きます。

年上の猫から、自信を持つこと、そして特にテルマに人間は怖くないことを教えて欲しかったの。

 
テルマとルイーズは、兄の存在を知って想像以上に嬉しそうな様子を見せました。

特にテルマが、すぐボップに懐いたの。

会った初日から彼女たちはボップの後をついて回ったり、すり寄ったりしたのよ。

 
ボップも新しい妹たちに興味津々。

匂いを嗅いでどちらかを見分けようとしたり、近くに座って彼女たちが遊んでいる音を聞いたりししていたといいます(´∀`=)

彼はとても好奇心旺盛な上、優しく社交的な猫。

彼がテルマとルイーズにすぐ慣れるのはわかってたけど、彼女たちがあんなに早く彼に慣れるとは思わなかったわ。

うちには他にも4匹の猫がいるんだけど、彼女たちはボップのことが一番大好きみたい。

 
テルマとルイーズがじゃれあったり走り回っていると、ボップが様子を伺いに寄ってくるそう。

彼はすぐ近くに座って、彼女たちが遊んでいる音をじっと聞いているの。

時には仲間に加わって遊ぶこともあるわ。

 
とにかく、3匹はいつも一緒です。

特にテルマはボップがどこにいるかいつも知りたがって、一緒に遊んだり毛づくろいしたりするのよ。

関連:庭で出会った1匹のノラ猫。その『足』を見て、一瞬で心を奪われた

ボップの存在が助けに

新しい出会いのおかげで、テルマは大きな自信を得ることができました。

今ではうちにも馴染んで、しっぽをピンと上げて歩き回っているわ!

甘えてくるし、夜は私の隣で寝ることもあるの。

 
ハンディを物ともしない優しいお兄ちゃんのおかげで、人間不信を克服したテルマとルイーズ。

 
これからも家族一緒に、素敵な人生を歩んで欲しいですね(*^ω^*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ