工場のダンボール箱から見つかった子猫。救出後は…職員たちのアイドルに!

アメリカ・アーカンソー州の金属製品工場で、ある日見つかった小さな子猫・ティグレ。

 
生後10日ほどで、まだ目も開いていない彼女は棚の上のダンボール箱の中に置き去りにされていました。

きっと母猫が子猫たちを移動させている最中に、機械の大きな音に怯えて戻れなくなってしまったんでしょう。

工場のアイドルに

その後、社員の一人であるリンジーさんが、ティグレのことを耳にします。

助けが必要な子猫がいると聞いて…

一目見たら彼女の可愛さに抗うことができなかったんです。

主人も猫が大好きなので、絶対に喜んで受け入れてくれると思いました。

 
ミルクをたっぷり飲むと、まるで母猫に甘えるように前足をふみふみして…

そのうち、腕の中で眠ってしまうのだとか。

 
リンジーさんは毎日子猫を職場へ連れて行き、忙しい授乳スケジュールをこなします。

 
やがて目が開くと、彼女はもっとやんちゃに!

 
周りのもの全てが気になります。

オフィスでは、本当に頼りになる助っ人なんです。

デスクの上で遊んだり、パソコンモニターの裏に隠れたり…

みんなの1日を明るくしてくれています。

同僚も時間があれば立ち寄り、挨拶をしてくれるんです。

 
撫でてもらえない時には大きな声で呼ぶので、その度リンジーさんはブランケットを持って行き、彼女の体を包んであげるそう。

お昼寝の準備ができると膝か胸によじ登ってきて…

キスをしてからすぐ眠りに落ちるんです。

関連:-20℃の吹雪の中で発見された子猫8匹。献身的なケアと愛情が、彼らの命を繋いだ

大きくなって

 
ミルクも卒業し、固形のご飯も食べられるようになりました。

ママに毛づくろいしてあげるのも忘れません。

こんなに人懐っこい甘えん坊は見たことがありません。

特に、私と主人の間に挟まるのが大好きなんです。

 
箱の中で見つかってから1ヶ月。

一人ぼっちだった子猫は、快適な家と愛する家族を手に入れました。

 
これからもティグレは、たくさんの人の毎日を明るく照らしてくれることでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ