警察へ預けられた子猫は、やがて多くの人を癒やす「猫のお巡りさん」になった!

アメリカ・ノースカロライナ州の高速道路に迷い込んでしまったブチ猫のモキシー。

このままでは車に惹かれてしまうかもしれないと、発見者の男性は彼女を保護して近くの警察署へと連れて行きます。

 
生後5週間のモキシーは、全身がノミや砂埃にまみれており、さらに片足を引きずって歩いていました。

骨が折れているのだとしたら、一刻も早く治療が必要です。

 
勤務中だった職員は保護施設などに連絡を取りましたが…

あいにく、どこも受け入れる余裕がないとの返事。

 
そこで立ち上がったのが、署長のパットさんでした。

自腹を切る覚悟で彼はモキシーを動物病院へと連れて行きます。

 
獣医もそんなパットさんの心意気を買い、ボランティアで診察を引き受けてくれました。

 
そして調べた結果…

モキシーに大きな怪我はないとのこと。

 
どうやら、足が悪いのは先天的なもののようで、特に痛みもないようです。

天職との出会い

健康上の不安が解消され、ひとまず安心。

しかし…モキシーが独りぼっちであることに変わりはありません。

引き取ってくれる家が見つかるまで、彼女は警察署で育てられることになりました。

 
新たな「職場」にもすぐに馴染んだモキシーは、机の上に座って同僚の業務をチェックしたり…

 
パソコンの操作を手伝ってあげたり…

 
ちょっとウトウトしがちなのはご愛嬌ですが、彼女に会いにきた子どもたちにも優しく接し、警察犬などの動物仲間とも仲良くやっているそうです。

 
何より、彼女にとって一番の大切な仕事は、疲れている職員のストレスを取り除いてあげること!

 
愛くるしい姿に、皆メロメロみたいですね(*´∀`*)

関連:警察署の周りをうろつく1匹の野良猫。そしてある日、彼女は意を決して鳴き声を上げた

見つけた居場所

やがて、モキシーのために「生涯の居場所」を探してあげようと考えていたパットさんは…

彼女がすでに、それを見つけていることに気が付きます。

 
そして…

署の仲間として、正式に「モキシー巡査」を引き取ることに決めました!

 
パットさんの妻であり、児童の権利団体で働くブランディさんも…

休日に帰宅する愛らしい我が子を見つめながら、その不思議な魅力を語ります。

自身も一度捨てられて、ひどく傷ついた経験を持つモキシーは…

虐待やネグレクト、育児放棄の被害者となった子どもたちにとって、希望の光となってくれてます。

 
彼女と子どもたちは共通点をたくさん持っている。

だからこそ、モキシーは彼らに、彼ら自身の価値を信じる良い機会を与えているのです。

 
とってもキュートで頼りになる「猫のお巡りさん」は、今日も多くの人の心を癒やしているに違いありません(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ