自宅によく来る仲良しの野良猫。ある日、その横に「2つの小さい影」が見えて…

ある日のこと。

海外在住のとある女性は、自宅へ頻繁に訪れる仲良しな野良猫の傍らに、見慣れない2つの小さな影があるのに気が付きました。

よくよく目を凝らすと



それは、2匹の子猫たち!

うち白毛の1匹は、まぶたが異常に腫れており…どうやら目を開けられない状態です。

母猫のSOS

女性はすぐさま彼らを家に上げ、体をきれいにしてあげた後、もしものことを考えて動物病院へ連れていきます。

 
そして、目をはらしていた子猫に目薬をさしてもらうと…

彼女は無事、目を開くことができるようになりました!

 
さらに女性は念のため、もう1匹の子猫にも同じ処置を行ってもらった後、「もう危険な思いはさせたくない」と…

親友だった母猫をイーゼル、白い子猫をディアブラ、黒い子猫をブラックベティとそれぞれ名付け、全員を家族として迎え入れることに決めます。

 
これで子猫たちの将来も、もう心配ありません。

関連:人間を信じず生きてきた2匹の子猫。その警戒心を解いた「秘策」は?

 
イーゼルにも、スムーズに避妊手術を受けさせることができたとのこと。

我が子の異変に気が付いた彼女は、「きっとこの人なら何とかしてくれる」と、女性のもとに2匹を連れてきたのでしょう。

種族を超えた友情に、ほっこり心があたたまる一幕でした!(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ