目に炎症を起こし、弱りきった所を母猫に捨てられた。そんな子猫が、やがて…

自宅周辺で猫の親子を目撃していたジュヌヴィエーヴさんは、ある日、庭で一人ぼっちになっている生後数週間の子猫を発見しました。

ひどく弱っていた上、目に炎症をおこしていた彼は…

どうやら母猫に捨てられてしまったようです。

 
隣人のステラさんにも協力してもらい、ご飯と目薬を与えると、子猫は満足げに声をあげます。

もう一度しあわせに

その後、ジュヌヴィエーヴさんとステラさんは地元の愛護団体に保護を依頼しました。

代表のセリーヌさんによれば…

彼は家の中での生活にすぐに慣れました。

怖いもの知らずで、みんなに構ってもらうのが大好きみたい。

 
タンタンと名付けられた子猫は、愛護団体のケアによって回復していくうち、本来の明るい性格をどんどんと見せるようになっていったそう。

 
いたずらっ子かつ好奇心旺盛で、何よりとても人懐っこく…

みんなの後をついて回っては、自分の寝床ではなく、誰かの膝の上で寝ることを好むんだとか。

タンタンは人や他の子猫と一緒にいるのが心地いいみたいです。

キャットタワーの上で一日過ごすことも好きですね。

 
施設ではルーシーという名の親友もできました!

 
保護された当時とは見違えるように、元気いっぱいな日々を送っています。

関連:新居で他の猫に馴染めない子猫。そこへ救いの手を差し伸べたのは…

もうすぐ!

順調に育って4ヶ月、新しい飼い主さんと出会う準備も万全です。

 
素敵な家庭で幸せな一生を過ごせるよう、お祈りしています(*^ω^*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ