草むらから救った子猫たち。2匹が命を落とす中、最後の1匹に望みをかけた結果…


タグ

ある日、庭の茂みからおかしな物音を聞いたある女性。

「ひな鳥の鳴き声かな?」と思い、音が聞こえた場所を探ってみると…

そこにいたのは鳥ではなく、生まれたばかりの3匹の子猫たちでした。

 
母親の姿もなく、しばらく様子を見ても戻ってくる気配がなかったため、女性は子猫たちを病院へ連れていくことに。

 
ところが、懸命な世話もむなしく…

3匹のうち2匹が、その短い生涯を閉じてしまいます。

この子だけでも

残された子猫をリプリーと名付け、彼女だけでも生き延びられるようにと、女性は手を尽くしました。

 
1匹でも寂しくないよう、ぬいぐるみの力も借りることに。

 
その結果





危機は去りました!

 
元気になったリプリーは、兄弟代わりのぬいぐるみとじゃれあったり…

 
狭い場所を求めて挟まってしまったりと、なんとも猫らしい行動を見せ始めます(笑)

 
体もすっかり大きくなり、発見されたときとは見違えるような変身ぶりですね(*´∀`*)

関連:歯の手術を終えた猫。『頑張ったから褒めて!』と駆け寄った相手は…

手に入れた幸せ

 
その後、晴れて女性の家族となったリプリーは、やがて1歳の誕生日を迎えました。

 
大変な時期を支えてくれたぬいぐるみとは、相変わらず仲良しです。

 
子猫のときと比べて少し大物感も出てきましたが…(笑)

 
飼い主さんにとって可愛い存在であることには違いありません。

 
悲劇と苦難を経て巡り合った、大切な家族。

これからも末永く、幸せに暮らしていってほしいですね(*´∀`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ