嵐の中で凍えていた子猫を「一晩だけ」と泊めた女性。しかし、予想外の結末に!

マレーシアに住むラウィータさんは、オフィスから家への帰り道で、運命の出会いを果たしました。

酷い雨の中を鳴きながらついてきた、まだ生後6ヶ月ほどの茶トラ猫。

びしょ濡れで凍えていたので、シャワーで体を温めて、ご飯をあげて、一晩だけ家に置いてあげようと思いました。

 
家に招き入れられた彼女は、すぐに喉を鳴らして擦り寄り始め…

膝の上で丸くなり、まるで母猫へ甘えるかのように前足でふみふみを始めます。

出会って1日目なのに…

すでにとっても甘えん坊でした(笑)

 
保護される前の生活は、きっと辛いものだったのでしょう。

その夜は安心できる家で、ぐっすり眠ることができたようです。

 
そして、朝が来ましたが…

子猫はラウィータさんのもとを、どうしても離れようとしません。

 
視界から彼女がいなくなるとすぐに駆け寄り、腕の中で丸くなって喉を鳴らします。

「もう飼うしかない!」と直感しました。

彼女は私を見つけ…そして、私を選んだんです。

 
こうして、子猫はファーリーパーリー(ふわふわゴロゴロちゃん)と名付けられ…

ラウィータさんの新しい家族となりました。

とってもかわいい猫なんです。

いつでも喉を鳴らしているし、どこでも甘えてふみふみしています。

ずっと後ろをついてきて、離れようとしないんです。

関連:猫の保護施設を訪れた女の子は、そこで「最高の妹」を見つけた!

 
ラウィータさんが帰宅するまで、ずっと起きて待っているというファーリーパーリー。

もし私がうっかり寝てしまうと、もう大変!

ブランケットに潜り込んできて、大きな声で鳴いたり、ゴロゴロ言ったり…

撫でてあげるまでやめません!

 
予想外の展開だったとはいえ…

今ではラウィータさんも、「かまってちゃん」の彼女にすっかりデレデレな様子。

彼らの仲良しな日々は、これからも末永く続いていくことでしょう(*´艸`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ