保護された赤ちゃん猫。回復後に見せた「キュートな必殺技」の破壊力がヤバい!

その日、カリフォルニア州の保護施設に連れてこられたのは、生後わずか数時間の子猫でした。

 
手で分かるくらいに体温が低く、危険な状態。

アニマルレスキューのクリスさんは、すぐに子猫の体を温めようと試みます。

温熱パッドなどを駆使して、どうにか一命は取り留めましたが…。

生まれたばかりの子猫は、自分の体温を調節できません。

食べたものを吐き出せず、のどに詰まらせてしまうことだってあります。

 
赤ん坊の子猫は、24時間つきっきりの看護を必要としていました。

そこでクリスさんは、親のいない子猫を保護している『Orphan Kitten Club』に連絡を取ります。

事情を知った創始者のハンナ・ショウさんは、すぐさま車に飛び乗りました。

 
ロザリタと名付けられた、赤ん坊の子猫。

 
はじめこそ弱弱しい様子でしたが、すぐに自分の力でミルクを飲めるほどまで回復し…

生後2週間も経つと、目も開いたといいます。

 
ハンナさんは付きっきりでロザリタを看護し、毎食後に体重を測るなどして、慎重に見守りました。

他の子猫と比べると、成長のペースは少し遅いかもしれませんね。

でも、それでいいんです。急いで大きくなろうとしなくたって。

 
すると…

1週間後には、保育器の外を歩き回るように。

探検中は、ずっと何かを言いたそうにしていますね。

時々不満そうに鳴いたり、鼻を鳴らして訴えてきたりもします。

 
3-4週目を過ぎる頃には、視力や聴力も発達し、周囲の音やものにも反応し始めます。

著しい成長を遂げたロザリタは、保育器での生活を卒業し、育児室へと移りました。

 
そこで出会ったのが、里親となるアンドリュー・マルティラさん。

 
ロザリタはすぐに彼と仲良くなり、たくさんの時間を一緒に遊んで過ごしたそうです。

関連:初めて「外の世界」を見た猫。想像以上のリアクションを捉えた写真に、思わず吹いた!

 
特にロザリタがお気に入りなのは、アンドリューさんのシャツの上で、腕に抱かれてウトウトすること。

すごく可愛いでしょう? 

でも、この更に上があるんです。

 
聞けば、彼女が抱き抱えて欲しいときは





全身で「おねだり」をしてくるとのこと(*´艸`*)

 
まるで「どうやったら構ってもらえるか」を知っているかのような、キュートな表情(笑)

 
この誘惑には、誰も抗えませんよね…!

 
生後6週間を過ぎたロザリタ。

これからも優しい人たちの元で、すくすくと、ますます可愛らしく育っていくことでしょう(*´▽`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ