血の繋がりも種族も超えた愛。とある子猫を救った「2匹の母」の物語

ワシントン州のとある路地裏で見つかった、産まれたばかりの子猫。

彼女は保護団体Spokane County Regional Animal Protection Serviceに引き取られ、ナラと名付けられました。

 
産まれたばかりの子猫は、母乳を与えてくれる母猫がいると生存率がぐんと上がります。

施設のメンバーが母親代わりになってくれる猫はいないか、すぐにボランティアへ連絡をとると…

幸運にも、まもなく候補を見つけることができました。

 
頼みの綱となった猫の名前はマギー。

彼女は数日前に9匹の子猫を産みましたが…残念ながら、そのうち5匹は命を落としてしまったと言います。

 
マギーの預かりボランティアであるジェイミーさんは、すぐに2匹を引き合わせてみることに。

初対面のナラを受け入れてくれるのか、不安もありましたが



彼女はすぐにナラを舐めて、毛づくろいを始めてくれました。

まるで自分の子どものように、愛情たっぷりにお世話をし始めてくれたのです。

 
他の子猫たちも、ナラを快く迎えてくれました。

彼らは本当の家族のように、じゃれあったり、くっつきあったりしていたそうです。

 
しかし、コレで心配ないと思われた矢先…

兄弟猫や母猫代わりだったマギーが新しい家族の元へと旅立つことが決まり…

彼女は一人取り残されてしまいました。

 
体の小ささゆえに、ナラが新たな家庭へと巣立つには、まだ時間が必要です。

突然一人ぼっちになった彼女は、一緒にいてくれる仲間をいつも探しているようでした。

 
そんな時、保護団体のメンバーの脳裏に1匹の「犬」の名前が浮かびます。

「子犬を産んだばかりのイジーなら、ナラを受け入れてくれるかも…」

 
一縷の望みをかけて、ジェイミーさんは2匹を会わせてみることにしました。

すると…

 
心配をよそに、イジーはすぐにナラを気に入ってくれた様子!

イジーは子犬たちがナラを受け入れられるよう努力を続けてくれました。

彼女も新しい家族がとっても気に入ったようです。

子犬たちは彼女が猫だということをあまり気にしていないようで、いつもすり寄って行きます。

彼女もそれが大好きなんです。

関連:シェルターに保護された3匹の子猫たち。その世話を買って出たのは、優しい母犬だった

スポンサードリンク

 
ナラはその後数週間、犬の家族と共に過ごしました。

授乳中は兄弟みんなもみくちゃになってくっつきながら過ごし…

まるでお気に入りの子守唄を歌っているかのように、兄弟の隣でゴロゴロと喉を鳴らします。

 
そして…。

大きく成長したナラにも、遂に旅立ちの時が訪れました。

兄弟犬の一匹とナラを、一緒に引き取ってくれる家族が見つかりました。

彼らはこれからもずっと共に暮らせます。

 
たくさんの人や猫、そして犬の愛情に支えられて大きく育ったナラ。

彼女が寂しい思いをする日は、きっともう来ないはずです(*´▽`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ