ゴミ箱に繋がれた犬。そばにあったメモが「悲しい事情」を伝えていた

アメリカのショッピングモールの駐車場で、ゴミ箱に繋がれた1匹の犬が発見されました。

 
そのそばには、こんなメモが



子犬を貰ってください。

名前はスクーターといいます。

この子の飼い主は今日、刑務所に入りました。

 
地元の保護団体「SEHA」の創設者であるポーラさんがこの話を聞きつけ、スクーターを保護。

非常に高価なキャリングケースに首輪、それにドッグフードが添えられていました。

とても大切にされていたことが一目で分かったんです。

 
彼女はマイクロチップの情報から、逮捕されてしまった飼い主を探し出すことに成功しました。

 

逮捕される直前まで、飼い主はスクーターを保護施設に連れて行けないことを最も気にかけていたようです。

それゆえ彼は、お金、荷物、キャリングケースとともに、最愛の犬を友達に託し、何とかこの子を守って欲しいと頼んでいたのですが…。

 
残念ながら、その友達はスクーターを捨ててしまいました。

 
その後、ポーラさんは、飼い主のお母さんと連絡をとることに。

 
すると彼女は喜んで、引き取ることを快諾してくれたそうです!

 
つらい別れを経て、やっと自分の居場所を見つける事ができたスクーター。

 
もう二度と彼が悲しい思いをすることの無いよう、心から願ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ