主人の出張が耐えられない分離不安症の犬。その苦しみを救ったのは…



アメリカ・ペンシルバニア州に住むジョー・ゲッツさんと奥さんのリンジーさんには、悩みがありました。

 
仕事柄、出張の多いジョーさんが家を離れるたびに…

10歳になるゴールデンレトリバーのルーシーが、酷く落ち込んでしまうのです。

 
その様子は日に日に悪化していき、終いには、スーツケースがなくなっただけで吠え、ジョーさんがいない間はベッドに伏せたまま、お風呂へ行くのも嫌がるような状態に。

 
獣医師に「分離不安症」と診断され、薬物治療を勧められましたが…

すでに別の薬を服用させていたため、夫妻にとっては抵抗がありました。

 
他に、彼女の症状を和らげる良い方法はないものか。

リンジーさんは、ジョーさんの不在中、あらゆる方法を試してみました。

 
テレビ電話で、ルーシーにジョーさんの顔を見せてみたり、ジョーさんの匂いの付いた衣類を、そばに置いてみたり…。

しかし、どれも彼女の落ち込んだ心を救うことはできませんでした。

暗いルーシーの姿を見ることは、私自身にとっても大きなストレスとなっていました。

夫が出張に行くたびに罪悪感が芽生え…彼女から、距離を取りたいと思うようになってしまったのです。

 
そんな中、3歳と6歳になる二人の子どもたちが、他にも動物を飼いたいと駄々をこね始めます。

渋っていた夫妻も、やがて根負けし…

既に飼っていたベイリーという老猫に加え、保護施設からもう1匹猫を引き取ることにしました。

 
ピートと名付けられた新しい猫は、とてものんびりした人なつっこい性格で、最初こそ少し怯えた様子を見せていましたが、子どもたちに慣れるのにも、それほど時間はかからなかったといいます。

 
加えて、何より驚いたのは…

以前に犬と暮らしたことがあったのかはわかりませんが、彼は自分からルーシーの後をついて回りはじめました。

引き取って数日も経つと、毛づくろいしあう仲になっていたんです。

 
すぐに打ち解けあったルーシーとピート。

それ以来、2匹は片時も離れないほどの親友になりました。

関連:シェルターに保護された3匹の子猫たち。その世話を買って出たのは、優しい母犬だった

 
ご飯を食べるときも…

 
お昼寝するときも…

 
いつも彼らは、仲良く寄り添っています。

 
そして、そんなピートのおかげで、ルーシーの分離不安症も、徐々に改善の兆しを見せ始めました。

ジョーさんが家を離れた際にも、以前と比べると、だいぶ気持ちの切り替えができるようになってきたそうです。

 
今や、ジョーさん一家にとって、ピートのいない生活は考えられません。

 

私たちは、ピートと出会えて、本当に良かったと思っています。

彼は、私たちの生活、そしてルーシーの人生を変えてくれたのです!

 
彼らの友情は、これからも永遠に続いていくことでしょう(*´▽`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ