大切な講義を欠席したアメリカの大学生。その理由が、ヤバすぎた!!

その日、アメリカ・テキサス州に住む大学生のSgtScheisskopfさんは、大切な講義に出席するべく余裕を持って家を出ようとしました。

 
しかし…

外を見た瞬間、彼はすべてを諦め、教授にこんなメールを送らざるを得なかったそうです



こんにちは、教授。

「おかしなことを言うやつだな」と思われるのはわかっているのですが…

 
ちょうど今、私の家の外に、スナイパーたちがいます。

 
かれこれ2時間もこの状態で、もしかすると授業が始まる時間までこのままかもしれません。

疑わしいようであれば、警察に確認していただいても結構です。

 
このまま出発しなければならない時間までスナイパーたちが私の家の周りにいるのであれば、申し訳ありませんが、授業は休ませていただいて、代わりに課題をメールで提出してもよろしいでしょうか?

本当におかしな状況ですみませんが、ちょっと今、家を空けることは避けたくて…。

 
ヤバすぎる…!!(((゚Д゚;)))

 
なんと、SgtScheisskopfさんの向かいの家で立てこもり事件が発生。

写真に写っている通り、複数名のスナイパーたちが非常事態に備え、ジッと身を潜めて待機していたといいます。

関連:『授業中に電話を鳴らすな』 ルールを破った女生徒に、「公開通話」が命じられると…

 
まるで映画のような出来事に、投稿を見た他のユーザーたちからも、驚きの声が上がりました!

●これはビックリだな…!

●スナイパーが課題を撃ち抜いてしまったぞ!

●この状況なら、たいていの教授は許してくれるよな

 
なお、教授からは以下のような返信が…

そんな理由で授業を休ませて欲しいというのは、初めて聞いたよ。

もちろん構わないから、危険が去るまで、絶対に家を出てはいけないよ!

 
その後、結局一発の銃声も聞こえぬまま、立てこもり犯は捕まったとのこと。

身に危険が及ぶこともなく、課題も無事に提出できたようで、本当によかったですね…!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ