火事場から生還した子猫。たった1ヵ月で、驚きの大変身を遂げる!

タグ

アメリカ・ニューヨーク在住のレニー・サウシーさん宅の近所で、ある日、家が一軒全焼するほどの大火事がありました。

※イメージ

 
それから3日後、レニーさんが、その焼け跡を通りかかると…

生後6週間ほどの子猫がか弱く鳴いているのを発見。

身動きさえできないほど、ひどく衰弱している様子です。

すぐに、24時間対応の救急動物病院に連れて行きました。

 
瀕死の子猫は、耳としっぽにやけどを負っていることが判明。

獣医さんから抗生剤や虫下し、痛み止めの薬を与えられた後、レニーさんは子猫を自宅に連れ帰り、つきっきりで看病しました。

 
子猫をエンバーと名付けたレニーさん。

焼け跡の庭から保護したときは一晩持つかどうか、というような衰弱ぶりでしたが、薬を与えてからは、奇跡的に容体が安定していったそうです。

 

しばらくは哺乳瓶でミルクを飲ませて、ウェットタイプのキャットフードを食べさせました。

ドライタイプのものも食べられたのですが、エンバーには水分を多く取ってもらいたくって。

 
レニーさんは、エンバーにできる限りのケアをしてあげようと考えていました。

 
そんな思いが通じたのでしょう。

すぐにエンバーは、おもちゃで遊びだします。

 
小さな体には、生きようとする力がみなぎっているようでした。

 

家に連れ帰ったその晩、もうエンバーは回復に向かっているのだと確信することができました。

エンバーはよく寝て、ご飯もいっぱい食べられたんですから!

 
そして1か月が経つと、ふわふわの毛も復活し



こんなに可愛らしい姿へと大変身!

 
さらに、変化したのは外見だけではありませんでした。

好奇心旺盛な子らしく、ずっと動きまわりながら、家中を探検しています。

自分より大きい猫でも物怖じしないし、高いところや階段もへっちゃらみたいです。

 
ケガもすっかり良くなり、ヤンチャな性格も顔を出し始めたようです(笑)!

関連:傷だらけの野良猫を救ったら…お店の「用心棒」として恩返ししてくれた! 9枚

 

お日様の下が大好きみたい。いつも日向ぼっこをしていますよ。

おもちゃで遊ぶのも好きだし、食べることも大好き。

 
もうこの家では、エンバーが王様(笑)。

エンバーに振り回されっぱなしなんですが、みんなエンバーが大好きでしょうがないんです!

 
「ねぇ、遊んでよ」とレニーさんの注意を引くことも。

 

生まれてすぐに痛い思いをしているのに、まるでそんなことがなかったかのように見えるでしょ?

エンバーはそれだけ、強い子なんです。

 
大変な災難を乗り越えたエンバー。

レニーさんの愛情を体いっぱいに受けながら、これからも健やかな日々を送っていくことでしょう(*´▽`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ