『家族の晴れ姿を見たい』 余命わずかな愛犬の想いが、奇跡を起こす

ケリー・オコーネルさんが、黒毛の子犬・チャーリーに出会ったのは、まだ19歳の頃、ニューヨークで暮らしていたときのことでした。

 
真冬にショッピングカートの中へ捨てられていたのを発見され、シェルターに保護されていたというチャーリー。

はじめは犬を引き取るつもりなどなかったケリーさんでしたが、たまたま彼の姿が目に入った瞬間…

ああ。

この子は、私の家族になる。

 
不思議と、そう思ったといいます。

 
それから数年後。

獣医になったケリーさんはチャーリーを連れてコロラドに引っ越し、同じく獣医であり、後に夫となるガーヴィンさんに出会いました。

 
やがて、一緒に暮らすようになった2人と1匹。

ところが…

彼らが結婚式をあげる計画を立て始めたときに、不幸な事実が判明します。

15歳と高齢になったチャーリーが、重度の脳腫瘍を患っていることがわかったのです。

 
その時点で、彼の病状は非常に深刻な段階に達しており、誰もが結婚式当日までチャーリーは生きられないだろうと思っていました。

しかし…

 
「ケリーさんのウェディングドレスを見る」

彼はそう、心に決めていたのでしょう。

 
これまで5回も発作を起こし、式当日は自宅で面倒を見てもらえるようケリーさんが手配していたにも関わらず



 
チャーリーは、式場に姿をあらわしたのです。

 
自分の足でバージンロードを歩ききり、ケリーさんの晴れ姿を近くで見ることができたチャーリー。

 
席に戻る体力がなくなってしまった彼は、ケリーさんの妹に抱えられてその場を後にします。

 
セレモニーを終えたケリーさんは彼のもとに駆けつけ…

膝をつき、その体を抱きしめながら、「頑張ったね、本当に頑張ったね」と何度も何度も声を掛け続けました。

 
式の様子を撮影した写真家のジェン・ズィユーベンスさんは、後にこう語っています。

家族の愛、動物の愛、姉妹の愛。今まで撮ってきたなかでも、一番感動的な光景でした。

そして彼らは、チャーリーがもう長くないこと…

式が終わって数日後には、この世を去るであろうことがわかっていたのだと思います。

 
結婚式から一週間と数日がたった日。

チャーリーは、静かに息を引き取りました。

 
彼が起こした奇跡は、これからも…

彼が愛した家族の胸の中で、消えることのない輝きを放ち続けることでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ